今日は、ちくわを活用して作る餅巾着の紹介です。
中に餅を入れて、だしで煮込んでいますが、残ったひじき+卵を入れてもいいですし、すりおろした山芋+えびも美味しいですし。
薄揚げの口の部分を、楊枝ではなくてちくわで止めているので、ちくわごと食べられるのが嬉しい!


「ちくわを活用して作る餅巾着」の作り方

  1. うすあげを油抜きし
  2. 中に具を詰めて、ちくわで止め
  3. だしで煮る

うすあげの油抜きはすぐですし、煮込む時間も中に入れる具に火が通ればOKなので、15分ほどで完成です。
 

うすあげの油抜きの仕方

熱湯にくぐらせる方法もありますし、もし電子レンジを使うなら、水に湿らせたキッチンペーパーでうすあげを包みレンジで30秒ほど加熱して軽く押さえて油を吸い取らせても構いませんよ。

ちくわで止める方法

1cm〜1.5cmの輪切りにしたちくわで、うすあげの口を止めます。
ちくわコーナーに売っているものの中で、一番細いものよりは 中くらいの太さのものを選ぶと使いやすいです。
うすあげの口をラップで窄めてから、ちくわを通すと楽ですよ。

 

あとは煮こむだけ。

ちくわを活用して作る餅巾着

材料:4人分(4個分)
調理時間:15分

  • うすあげ 2枚
  • ちくわ 1〜2本
  • 切り餅 1個
  • 【A】めんつゆ(2倍濃縮タイプ) 50ml
  • 【A】水 400ml

作り方

  1. うすあげは油抜きし、半分に切る。ちくわを1~1.5cmに切り、切り餅は1.5cm角に切る。
  2. うすあげの中に、切り餅を入れてちくわで止める。
  3. 鍋に【A】を入れて弱めの中火にかけ、②を加え餅が柔らかくなるまで煮る。

Point

  1. めんつゆの他に、白だしや、だし醤油などで代用しても構いません。
  2. 濃さはお好みで調整してください。

一番上の写真のお餅は、えびのお餅を使っています〜
煮物、作るのは暑いんですけど、クーラーで冷えるからか、なんだか食べたくなるんですよね ^^;
おでんの具にも、ぜひ!