圧力鍋を使って、加圧することたったの3分。
しっかり味のしみ込んだ煮物の完成です。
20160123_001
あく抜きせずに作ってみたけど、全然問題なし。
この季節の青首大根は、本当 みずみずしくて、甘いですね
 (*´∀`*)
 
大根の旬が過ぎるころや、大根の種類によっては、丁寧に下茹でした方が美味しいかもしれません。
様子を見て調節してください。
 

加圧3分で作る春色の大根煮

材料:3~4人分
調理時間:15分 圧力鍋(80Kpa)使用

・青首大根 --- 1本
・色串天 --- 1パック
・昆布 --- 適量
◆水 --- 150ml
◆みりん --- 50ml
◆だししょう油 --- 30ml
◆塩 --- 小さじ1/2~ 

1.大根は1.5cmの輪切りにし、皮をむいて面取りをし、味が染みやすいように包丁で切り込みを入れます。

2.圧力鍋に、(1)の大根・色串天を並べてから、昆布と◆の調味料を加えます。
20160123_k01
ちょうど大根が浸るくらいの分量がベスト。
味を見て薄いようでしたら、塩で調整してください。

3.蓋をセットして強火にかけ、圧力がかかりだしたら 火を弱めて3分加熱します。
そのあとは自然に冷めるまで待ちます。

finger-icon05_r1_c5食材は、加熱している間に繊維が壊れて中の水分が抜けます。
加熱をやめて温度が下がっていく時に、少なくなった水分を補おうとするので 味が染みます。

圧力が抜けてすぐに蓋を開けて食べるのではなく、保温性がある蓋をしたまま放置する事で、ゆっくり冷めていき、中までじっくり味がしみます。 

圧力鍋で加熱すると、柔らかくなりすぎるイメージありませんか?
加圧時間を調整することで、ちゃんと「ちょうど」の煮物が作れます。
 
3分くらいの圧力で止めてみて、もし かたいようであれば、後から加熱する事も可能です。
  
今回は、1.5cmほどの厚みの大根なので 3分加圧がちょうどくらいでした。
分厚くカットした時は、もう少し加圧時間を増やしてみてくださいね。
 
私が愛用している圧力鍋は、去年ワンダーシェフ社から発売されたオースプラス。
工程写真の一番右側でもわかるように、圧力が、140Kpa/80Kpaと選べます。
今回は、80Kpa(キロパスカル)の方を使用です。
20160123_00
5Lなので、麺を茹でたりも出来るし、とうもろこしとかも、まるごと入る大きさ!
- - - - - - - -
オースプラスについて 
オースプラス使用/とうもろこし皮付?皮なし?おいしい食べ方
- - - - - - - -
 
色は優しいんですけど、しっかり味はついているんですよ
時短で助かるおかずでした~


よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line