今回の記事は、趣味のガーデニング関連の記事。
料理関連の記事は、夜にUP予定です。

プロモーションとかモニター記事ではないので、主観入りまくりですが、ガーデニングをこよなく愛する全世界の人たちに教えたいものが2つあります。

1つめ
20180228_l06
この右奥の猫型ロボット。

レビューもピンからキリまでで、買っても効果なかったら勿体ない値段なので、だいぶ悩んだ末に、ポイントが入った時にぽちっと購入に至りました。

これ  完治範囲が25㎡(距離にすると5,6m)の野良猫撃退 超音波装置です。
草引きしたり、土を掘り起こしたりするたびに、野良猫が遊びにきて置き土産をしていく
猫は大好きなんだけど、置き土産はいらないので、常にスイッチ入れてます。
スイッチを入れておくと、
外からピョーンとやってきて、土をほりほり。
センサーが作動して、ギャーってなって飛んで逃げる!(想像)
20180228_l07
翌朝、土が1,2かき、掘られた後はあるけど、置き土産なし。
野良猫との戦争に終止符を打ちました。
使用して、2年くらい経ちますが、これがあってよかった!

ただ、危うくスイッチをOFFにしたままだと、必ずといって 置き土産があります。
このセンサー、私の耳にはほとんど届かない音なんですけど、娘や息子は嫌がります。(若者には聞こえるらしい)
洗濯物干したりする時とか草引きするときは、OFFにしておいて、家に入る時にONにしてます。

※鳥には効果なし

star04star03star02
2つめ
20180320_l02
キッチンに置いてるものなんですけど

ものすごく簡単にひと事で言うと、生ごみを乾燥させて1/5ほどの分量にしてくれる機械です。(上の写真の保存袋に入っているのが乾燥させた後の生ゴミ2日分)

野菜の皮もヘタの部分もうまく使ってる方だとは思うんですけど・・・
これを使って初めて気が付いた事が、「うち 生ごみ こんなに出てたんだ!!!」と。
当たり前だったので気が付きませんでしたが・・・生ごみを乾燥させたら、ゴミ捨ての時のゴミの分量が半分になりました

三角コーナーがわりにもなる容器だけど、我が家はシンクが激狭なので、キッチンの片隅に置いて、そこに 生ごみをポイポイ。
たまったら、乾燥させます。
20180320_l01
魚の骨や皮も、カレーを洗う時の鍋についたものも、卵の殻も。
お茶パックはパックのまま乾燥させて、後から中身だけ取り出してます。
気になる方はメーカーのホームページでチェックしてみてください。

家庭用生ごみ減量乾燥機
 パリパリキューブ


生ごみってすぐに乾燥させたら臭くないんですよね。
乾燥させてるときは、活性炭のフィルターを通した風が出てくるから何のニオイもしないし、音も気にならない。
20180319_a01
で、パリパリに乾燥させたものをどうしてるかと言うと、庭の土に混ぜてます。
20180319_a02
堆肥として。

ガーデニングは土づくりから。
庭の土を、植物が喜びそうな ふかふかの土にするって、結構大変で・・・

今までは 季節の変わり目に
まとめて、半熟成チップや腐葉土を土にしきこんでたんですけど(狭い庭とは言え、かなりの重労働)
今は乾燥させた生ごみをこまめに混ぜて、堆肥がわりにしてます。

ゴミ捨てが楽になって、土を買ったりする必要がなくなった。
なんて贅沢なんだ・・・


へぇ~こんなアイテムもあるんだなぁ~と思って頂けら、ぜひシェアを♪

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter


今日の豆苗
フェンス側に寄せるために、根っこを5等分してます。
20180321_q01
空いたスペース(手前)は種まきしたネモフィラ プラチナスカイ。

食べもの×観賞用の寄せ植えになる予定。
うまく育つかどうかは、やってみないとわからない(笑)