2005年からプルメリアを育てています。
専門家じゃないので自己流な面もありますが、少しまとめてみました。
プルメリアを育てる時の、ヒントになりますように・・・

20150902_10

  1. プルメリアの種類と品種
  2. 花言葉
  3. 土の割合
  4. 苗木の植え付け(挿し木)
  5. 種まき
  6. 水やり・肥料のタイミング
  7. 冬越し


1・プルメリアの種類と品種

プルメリア・ルーブラ

学 名 : Plumeria rubra(プルメリア ルブラ)
英 名 : Temple Tree/Frangipani
和 名 : インドソケイ/アカバナインドソケイ
原産地: 西インド諸島
特 徴 : 3~5mほどの低木。
花弁が細長く、花の色は多彩(赤・白・黄色・濃桃)
 

プルメリア・オブツーサ

学 名 : Plumeria obtusa(プルメリア オブツサ)
英 名 : Temple Tree/Singapore Plumeria
和 名 : インドソケイ
原産地: キューバ・ヒスパニョーラ島、メキシコユカタン半島
特 徴 : 成長すると8mほどになる。
葉先が丸く、冬でも葉を落とさない。プルメリア唯一の常緑種
  
 

2・花言葉

20150923a_03
気品・恵まれた人・ひだまり・内気な乙女
 
英語では、
beauty(美)、 charm(魅力)、 grace(気品、しとやか)
 
 

3・土の割合

20150923a_0120150923a_02
パーライト3:バーミキュライト1:ピートモス1の割合。
植え付けの際に、緩効性肥料も加えておきます。
 
※こちらは、【園芸ガイド】2003年8月号で特集された「マンデビラとプルメリア」に掲載されていた配合です。
種まきの場合も、挿し木の場合も、園芸用の普通の土で育ちますが、根腐れしないように 水はけのよい土にします。
 
表面に 富士砂などを敷くと、パーライトなどの軽い土が浮きません。
 
  

4・苗木の植え付け(挿し木)

20150923a_0420150923a_05
発根促進剤(ルートン)を使用します。

カットした枝は、しっかり乾燥させると、今後「根」になる部分(カルス)が形成されます。
表面がよごれていても、苗木自体の水分が少なくなって陥没していても、切り口が腐っていない限りは、そのままで大丈夫です。
切った面だけでなく、側面からも根が出てきます。

発根促進剤(ルートン)は、より出やすくするもの。
ないといけないわけではない、でもあったら 少し安心~みたいな感じです。
 
苗木の下の方を水に浸してぬらしてから、3~5cmほどルートンをつけます。
土の中には、10cmくらいは埋めて、軽く土をおし固めてください。
 
根が張るまでは、枝が動かないように、添え木で固定するのをおすすめします。
 
 
気温が高い時に挿し木すると、根が成長するスピードも速いです。
(秋に挿し木したばかりのものを、冬の間に部屋の中に入れていても、根は短いままです。)



5・種まき

プルメリアの花の、おしべ・めしべは花の奥の方にあるので、花粉を介する虫(スリップ:アザミウマ)が あまりおらず・・・。
なかなかお目にかかれない種。
乾燥させると、割れて はじけます。
o0333050012126308641o0480064012160587036
この1粒1粒が、風にのって、プロペラのように飛んでいくんですね。
 
胚乳などがある肉厚の部分と、風をうける羽の部分があるので、肉厚の部分の方が隠れるように土に植えます。
20150630_a02   
夏でも、発芽には1週間以上かかりました。
早く発芽させたい場合は、半日~1日ほど水に浸してから、植えてください。
20150630_a01
しっかり陽を当てた状態で、1か月半。
まだまだ15cmくらいです。
20150923a_06
 
 
 

6・水やり・肥料のタイミング

乾燥に強い植物なので、鉢土が完全に乾いてから水をあげます。
水不足になると、新芽の部分の葉が枯れて落ちてきたり、枝がシワシワになってきます。
そうならないように、しっかり観察して、水をあげてください。
 
 
春先に、新芽が花芽ではなかったら、葉からの成長がはじまります。
戸外に出して 陽光に慣れたら、リン・カリ系の肥料をたっぷりあげてください。
(花付きがよくなります)
粒の肥料よりも、液肥が効くと思います。
  
梅雨が明ける頃から、花芽が確認できます。
花芽が確認できる頃には、もう 蕾の数は決まっているようです。
20150811_01
肥料が足りていたら、蕾の数も多くなります。
 
 
花芽が確認出来てから、花が咲くまでは、気温や管理の仕方によりますが 真夏でも、1か月少しかかりました。
花芽がどんどん伸び、枝はなぜか三又に分かれます。(毎回!不思議!!)
20150902_07


 

7・冬越し

15度以下になったら、室内の温かい場所におきます。
冬は休眠時期に入るので、極力水は与えないようにしますが、室内が暖かいと、土も乾燥しますし、様子を見て 時々水をあげてください。

プルメリア・オブツーサ(シンガポールホワイト)は、葉を落としませんが、プルメリア・ルーブラは、寒くなると見事に葉を落としていきます。
春になって、暖かくなると 新芽が沢山出てきます。
  
 
こちら↓ オブツーサの方。葉が丸いです。
20150811_04

 


我が家には、現在 シンガポールホワイトが1本。
2種類 違う花色のものを1鉢に植えていて、白い方の花だけが今年咲きました。
種まきで発芽したものは、旅先でいただいた種なので何色かわからず。
来年は、いろいろな色のプルメリアを咲かせたいです
20150902_07