プレーンヨーグルトとか
バニラアイスにぴったりの コンフィチュールを作りました。

今の季節は、いちごがお買い得!
20180304_cr04
砂糖のかわりに、カリフォルニア・レーズン 使ってみました。

レーズンは天然のミネラルを多く含んだ砂糖として利用できるんです。
大さじ1強のレーズン=砂糖大さじ1として代用可能です。


いつも砂糖をばさっと入れていた代わりに、天然の糖分であるレーズンを使って・・・
20180304_cr01
うまく水分があがってくるかが心配だったので・・・
いちごは不揃いな感じに、粗く刻んで、レモン汁を加えてから中火にかけます。
20180304_cr02
フツフツとしてきたらアク(←ほんの少ししか出ません)を取り、弱火で2分ほど煮込みます。
20180304_cr03
いちごが みずみずしかったので、問題なし!

いちごの種類によっては、あまり水分が出てこない場合もあるかもしれません。
その場合は、フタをしてみるなど工夫してみてください。
20180304_cr07
砂糖のかわりにレーズンを使うって、かなりおすすめ。
自然な甘みもあり、いちごとかレーズンの果実感がなんだか贅沢な感じ。
ぜひお試しあれ。


レーズンといちごのコンフィチュール

材料:作りやすい分量(180ml) 
調理時間:8分

  • カリフォルニア・レーズン 30g
  • いちご(10粒) 200g
  • レモン汁 大さじ1と1/2

作り方

  1. いちごはあらく刻みます。
  2. 鍋に、カリフォルニア・レーズン、いちご、レモン汁を入れて中火にかけます。
  3. ふつふつとしてきたらアクを取り、弱火で2分ほど煮込み、火を止めます。
  4. あら熱がとれたら煮沸消毒した瓶にいれ、冷蔵庫にて保存します。

プレーンヨーグルトやバニラアイスにかけてお召し上がりください。
コンフィチュール:醤油=1:1で肉類のソースにも合います。

いちごも甘みが強いもの、酸味が強いものがさまざまなので、種類によってレモン汁の分量を調整してみてください。

flower02_18
カリフォルニア・レーズン協会のクッキングアンバサダーとして活動しております。
去年からなので、まだまだヒヨっ子なんですけど、今回が5つめのレシピです。
2か月に1回のペースで、テーマごとにUPしておりまして、今月のテーマは、
15分で作れる時短カリフォルニア・レーズンレシピ
SNS用バナー_300x97
「レーズン、使いきれてないわっ」と言う方いらっしゃったら、レシピページを覗いてみてくださいね。

レーズン、糖分が高いから、保存料は不必要。
涼しい場所に置いておくだけで、レーズンの味とか、色や栄養価は保たれます
ただ水分が抜けてしまうとかたくなるので、なるべく気密性の高い容器に入れて保存してくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINETwitter