リボベジ・インドアガーデンコーナーです。
20160120_g01
あまりにも外が寒すぎて、お庭放置・・・
家の中の方が暖かいので、小さな鉢に植えている 多肉植物などなどを、窓辺の明るいところに入れてあげました。
 
リボーンベジタブル=再生野菜 (通称 " リボベジ ")も置きはじめて、少しずつ にぎやかになってきました。
お料理で使った後のヘタの部分とか、食べない部分を 水につけておくだけ。
そして育ったら、再び食べて楽しみまーす!
  
どれくらい育つのか、また ブログの ” ガーデニング ” カテゴリでも紹介したいと思います。
 
 

にんじん & 豆苗

20160120_g05
にんじんはヘタの部分をカットして、水につけておくだけ。
つけて4日目。
毎日水を変えます。
 
豆苗は、つけて3日目。
育てからは、こちらがわかりやすいです↓
最初に豆苗をカットする際は、豆から2~3cmくらい上の位置でカットすると、新しい芽が伸びやすくなります。
豆苗の根元部分を3cm以上の深さのあるお皿やトレーなどに移し、根だけが浸る程度(1~2cmの深さ)に水を入れてください。
日当りの良い室内に置き、水は、夏場は1日2回、冬場は1日1回取り替えます。
7日から10日で新しい芽が成長し再収穫ができます。

豆苗は基本的に水だけで育ちますので、肥料等はいりません。
村上農園に聞く 『豆苗に関するQ&A 』
いつもお水を変える時は、根にたっぷりのお水をあててから、ちょうど良い分量の水に浸けています。

クレソン
20160120_g03
サラダや付け合わせにぴったりのクレソン。
お水にさして、1週間くらいで これくらい根が伸びてきました。

ねぎ

短く切り過ぎると、生えてきにくいので、7cmほど残しました。
根がしっかり浸かるくらいの分量、根元5mmくらいまでの水量が一番良いようです。
(この写真は、ちょっと お水が減ってきてます↓)
20160120_g07
外にも植えているんです。
春と秋は、勝手に育ってくれるんですけど、夏場は枯らしたり、冬場は寒すぎてさほど成長せず。
かといって、花瓶で水栽培にしても成績悪く。
ってことで、今回は 新しく生えてきた根っこが傷まないように、キッチンペーパーを使って浮かせています。
(実験中)
 
もうちょっと にょきにょきに育てられる方法ないか模索中です。
 
白菜
20160120_g02
白菜初チャレンジ中です。
新芽が盛り上がってきました。

さつまいも
今日、水栽培開始です。
20160120_g04
去年は、カットしたさつまいもを水につけておいて、芽がたくさん出てきた時に、プランターに植えました。
春~夏にかけて、葉茎が柔らかい時に 何度か料理で楽しみ・・・
最後、プランターから 収穫した さつまいものうちの1つです。

finger-icon05_r1_c5 以前育てた時の記事→こんな風に育てています
おすすめの さつまいもの茎(つる)レシピ→いもづるペペロンチーノ
さつまいもの茎は、シャキシャキしていて クセがないので、本当おすすめです。
今回は、小さいサイズのさつまいも。
根っこが ぴろ~~んって 出ているので、その部分を水につけてみています。
 

さつまいもの奥に写っているのは、先日 ハムカツのレシピの最後で登場した
しっぽん " さる " です。
しっぽが紐になっていて、そこから給水できますが、土の上の方は乾燥するようなので、上からもお水をあげています。(あげすぎて土が流れた事多々w)
あと、たまに グラスの内側とか、しっぽの部分が、シットリヌルヌルするので、綺麗に洗ってあげたりしています。

ベビーリーフ

20160120_g08
外では寒すぎて成長しないので、小さい鉢に植え替えて、窓辺に起きました。
水菜・スイスチャードなどです。
 
パセリ
秋に種まきしたパセリ。
これも、鉢に植えて 窓辺に。
土は、バーミキュライト(←無菌で軽いから)を 半分以上混ぜています。
20160120_g06

うしろに写ってるグリーンネックレス、お花が咲いてます。
 
 
 
おまけ
アルブカ スピラリス フリズルシズル
リン片挿し実験で余った 小さな芽。
植えた
と言うか、土の上に、ぽこんと 乗せただけ。
こうなってます。
20160120_g09
芽が1つだから、葉が1本。
この芽の周りに、リン片が1枚1枚増えていって、球根が大きくなるたびに、葉が2本目、3本目と増えていきます。