午前中、久しぶりに草引きをしました
必要なので種まきした植物と、かわいくても勝手にはびこる雑草は、また別物です
緑のカーテンは現在こんな感じ。
ミニトマトと、ミニきゅうり(ミニQ)を育てています。
ミニトマトときゅうりを育てている緑のカーテン

育てているミニきゅうりを、今日は浅漬けにしました。
うま味たっぷりだけど、レモンを加えてあっさり爽やかな風味です。
レシピは、  自家製 浅漬けの素 の紹介です。

市販の有名な浅漬けの素(液体)の塩分、だいたい8〜9%なんですよね。
自宅で作るなら、そこまでたっぷり塩を入れなくても、美味しく作れますよ〜。最初作ったときに、8%になるまで塩分を加えたら、濃くなりすぎてびっくりしました

味の素®︎を加えているので、素材の味を活かしつつ、うま味UP!
1回食べて、2回目も再利用可能ですので、この夏ぜひチャレンジしてみてください!

自家製浅漬けの素
この記事の目次
  1. 自家製浅漬けの素 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(ポイント・コツ)


自家製浅漬けの素 材料

2人分  調理時間:5分
冷蔵保存:2日間

  • 浄水 100ml
  • 【A】塩 小さじ1
  • 【A】砂糖 小さじ1
  • 【A】うま味調味料「味の素」 8ふり
  • レモン(輪切り) 1枚

  • 野菜 150g
     →今回はきゅうりとミョウガ使用

詳しい作り方

  1. 清潔な容器に浄水を注ぎ、【A】を加えて混ぜ溶かす。
  2. レモンの輪切り・野菜を入れて、2時間以上漬ける。
  3. Collage_Fotora01

補足(コツ&ポイント)

きゅうりとミョウガ
今回は、ミニきゅうり(1本約50g)を3本使用しています。市販の一般的なきゅうりが、約100gほどなので、きゅうり1本半くらいを目安にしてください。

きゅうりは蛇腹切りにしてから1口大に、ミョウガは輪切りにしております。

漬け込み時間
漬け込みは2時間ほど置くと十分に味がしみこみます。お好みで ひと晩〜1日ほど漬けてください。

1度使った自家製浅漬けの素は、もう1回利用可能ですが、トータルで2日ほどを目安に、なるべく早めにお召し上がりください。


IMG_6371
想像以上の美味しさ!
このレシピのカテゴリー
副菜
キーワード
きゅうり火を使わないうま味調味料レモン

098e5fc5

おまけ
庭のミニトマトも、今のところ順調です。
緑のカーテンでミニトマトを育てる
こぼれ種で育っていたトマトを、そのままにしておいたのですが、どうやら、これはマイクロトマトっぽいです。
IMG_6360
出来てからのお楽しみです(笑

ちなみに、奥に写っているハーブは、チャービル(セルフィーユ)
手前の緑の葉っぱは、種まきしたカラフルピーマンです。