昨日のお昼ご飯に食べた  えびカツ レシピの紹介です。(今日のお弁当にも少しだけ入れておりました)

はんペンとかお豆腐でカサ増しせずに、100%えび!
コストは全く考えませんでした。
贅沢な えびカツです。

実は、マクドナルドのメニューの中で、えびフィレオが1番好きなんです。
あのバンズ。もう少しハード系のパンになると、もっと美味しいだろうな〜と思うので、自分で作ってみました。

手作り海老カツのレシピ
この記事の目次
  1. えびカツ 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(ポイント・コツ)
  4. おまけ


えびカツ 材料と分量

4人分 8cmくらいのえびカツ8個分

  • えび 640g
     塩 小さじ 1/2
     片栗粉 大さじ1.5
  • マヨネーズ 大さじ1.5
  • ホワイトペパー 少々
  • 卵・小麦粉 適量
  • パン粉 適量
  • 揚げ油 適量

えび(参考程度に)
・ブラックタイガー大 16尾
・バナメイエビ中 8尾
・冷凍むきえび大 10個ほどを使いました。


詳しい作り方

  1. えびは殻をむいてワタを取り除き、塩・片栗粉を揉みこんだあと、流水が透明になるまで洗う。キッチンペーパーで水気を拭き取る。
    ebi1
  2. フードプロセッサーにえびの半分・マヨネーズ・ホワイトペパーを入れて攪拌し、残りの半分は食感が良くなるよう粗めに刻む(もしくは、フードプロセッサーで粗めに攪拌する)。ebi2
  3. 小皿にラップを敷き②を乗せて形を整える。
    冷凍庫に入れて20分ほど冷やすと、衣をつけやすい。ebi3
  4. 卵・小麦粉を溶いてバッター液を作り③をくぐらせてパン粉をつける。
    180度の油でカリッと揚げる。

補足(ポイント・コツ)

えび
ブラックタイガーは食感が良いので荒く刻みました。バナメイエビは柔らかく仕上がります。お好みでどうぞ。

今回は、えび100%で作っているので半分ほどを攪拌しましたが、もっとゴロゴロとえびの食感を楽しみたい場合は、攪拌する分量を減らしてください。

バッター液
卵2個(100ml) 薄力粉大さじ4を混ぜて作りました。
お好みで、卵の半分を水や牛乳に変えても構いません。

バッター液に卵をたっぷり使っているので、えびを攪拌するときの『つなぎ』はマヨネーズを使用し、ふんわりと仕上げております。

えびカツのソース
こちらのドレッシングと相性ぴったりです!

このレシピのカテゴリー
主菜
キーワード
えび

おまけ

衣をつけるついでに、何個か。
お弁当のエビフライにも衣をつけて、冷凍。
数日後のお弁当おかずになります〜
ebi0

バンズの代わりに、フランスパン用準強力粉(リスドォル)を使って、ハード系のパンを焼きました。
pan1
リスドォル300g
塩 小さじ1弱
砂糖 ひとつまみ
水 180ml
インスタントドライイースト 小さじ1
丸く整形して少しペタンコにしたもの、8個です。
IMG_6291
外側がパリッとしていて美味しかった!

パンも作って、えび100%のえびカツで揚げたて。
ソースにもみじん切りの玉ねぎが入っていたり、本当に美味しかったんですけど。
IMG_6292
食べ終わるの一瞬!

皆の衆、もっと味わって食べてくれて良いんだよ〜〜〜〜!!!!!

w66

ライブドアブログの更新通知機能(スマホLINE)
Collage_Fotor

サムネイル写真付きで一覧表示されるので、好きな時間に読みたい記事を選べます。
ブログごとに通知OFF/ON切り替え可能
スマホホーム画面に追加→右下「B」のアイコン
よかったら、ぜひ登録してやってください。