昨日のお昼ごはん(家ごはん)は、お弁当に入れたおかずの残り& 鶏肉のエスニックスープ でした。

10分くらいで作れるのに、香りも味わいも完璧で、ハマりますよ。
中に入れる具材は、何でも合うんですが、昨日のはオーソドックスに、鶏肉・しめじ・ニラ・フォーでした。

鶏肉のエスニックスープレシピ
器:カネ定製陶さん クレール型あわ色散らし5.0反り丼

この記事の目次
  1. 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(コツ&ポイント)
  4. 献立例


 材料・分量

2〜3人分  調理時間:10分

  • 鶏もも肉(小)1枚(180g)
  • しめじ 1/4株
  • にら 1/2束(6茎)
  • フォー(もしくは春雨) 20〜30g
  • 【A】水 4カップ
  • 【A】鶏ガラスープの素 大さじ1
  • 【A】にんにく、生姜 各少々
  • 【A】鷹の爪(輪切り) 1本
  • 【B】ナンプラー 大さじ1
  • 【B】レモン汁 大さじ1
  • 【B】塩、こしょう 各少々

詳しい作り方

  1. 鶏肉は1口大の削ぎきりにし、しめじは小房に分ける。にらは3cm長さに切る。フォー(もしくは春雨)は袋に記載の時間熱湯で下茹でする。
  2. 鍋に【A】を入れて中火にかける。
    Collage_Fotors01
  3. 鶏肉を入れアクを取り除いたら、しめじ・ニラを加える。
  4. 【B】で味を整え、最後にフォー(もしくは春雨)を加え、器に盛り付ける。
    Collage_Fotors02

補足(コツ&ポイント)

にんにく、生姜
チューブのものでも構いません。今回私は、にんにくは1片を輪切りにし、生姜は1/3片くらいを千切りにしました。(どちらも冷凍保存しておいたものです)

鶏ガラスープの素、ナンプラー、レモン汁
鶏ガラスープの素は、中華系の調味料で。ナンプラーは醤油などで代用可能です。レモン汁は市販のものでOKです。レモンをカットする場合は、輪切りのものを1〜2枚ほど浮かべるだけで、酸味と香りがプラスされて、おすすめです。

鶏もも肉
食べやすいので、もも肉にしましたが、お好みの部位をお使いください。手羽などの骨つきの肉を使って水から茹でると、良いだしが出て より美味しくなりますよ。その場合は加熱時間を長めにとってください。



献立例

鶏肉のエスニックスープと弁当の残りでお家ランチ
献立例と言うか…
お弁当の残りと一緒に出したお昼ご飯でした。

ずっと残っていたフォーを使い切ることができてよかった(笑)


この日のお弁当はこちらから。