昨日のお昼ご飯に食べた、 じゃがいもとホタテのバターしょうゆ炒め
バターとしょうゆの組み合わせって、どうして あんなにもおいしく感じるんでしょうね。それに、これ1品だけでもエネルギー産生栄養素バランス(←たんぱく質・脂質・炭水化物の比率)が良い!
20191005_a03

じゃがいもとホタテのバターしょうゆ炒め(詳しい作り方)

1cmほどの厚みに切ったじゃがいも。しっかり火が通るように、フライパンに米油を入れ、弱火でフタを使ってじっくり加熱します。6分くらい。
温度が高い場合や加熱時間が長くい場合は、バターの香りや風味が損なわれるので、米油など 癖がない油がある場合は、ぜひこのような調理法で!!それに米油を使うと栄養価がUPします。詳しくは栄養の話の部分で。
00
じゃがいもに竹串を刺して、柔らかくなっていたら、バター・ベビーホタテを加えて中火〜強火で炒めます。
02
ベビーホタテに火が通って焼き色がついてきたら、しょうゆを加えて完成。
03
ベビーホタテは冷凍のものをストックしています♪

栄養の話

スクリーンショット 2019-10-05 20.50.52
たんぱく質・脂質・炭水化物のバランスは、良い感じ。
摂取できる栄養価が高い順にかくと、ビタミンB12・ビタミンC・葉酸・ナイアシン・鉄分・カリウム・リン・マグネシウムetc
逆に足りていない(と言うかほぼ無い)のは、ビタミンD・ビタミンK・カルシウム。(←米油を使わなかったらビタミンEがほぼゼロ
他のメニューとか、近いうちの献立で補うと良いと思います!

20191005_a02

じゃがいもとホタテのバターしょうゆ炒め

材料:2人分
調理時間:15分

  • じゃがいも 中2個(350g)
  • ベビーホタテ 250g
  • バター 15g
  • 濃口しょうゆ 大さじ1弱(15g)
  • 米油 大さじ1弱(10g)

作り方

  1. じゃがいもは皮をむいて1cm厚さに切る。フライパンに米油を入れてじゃがいもを並べ、ふたをして弱火で6分加熱する。
  2. じゃがいもが柔らかくなったら、ベビーホタテ・バターを加え、中火〜強火で加熱する。
  3. ベビーホタテに火が通って焼き色がついたら、濃口しょうゆを加えてさっと混ぜる。

Point

  1. じゃがいもは、事前に電子レンジで加熱しても構いません。

このレシピの分量で1人分に換算したら、鉄分3.4g(1日に必要な表示基準値に対する割合53%)・葉酸148g(61%)が摂取できます。
食べ合わせも影響しますが…
よく噛んで食べましょうね〜

私は、ボーソー米油を愛用歴2年目。血液検査の結果でコレステロール値が少しずつ下がっていっています 今期も米油部として、どうぞよろしくお願いします。

自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ


098e5fc5

20191005_a01
この時の献立。
2月に手作りしたお味噌を、ついに使いました。
01
これは料理教室で作ってお持ち帰りしたものなので1kgの方。重石はタルトストーン(笑)
20191006_a04
お味噌汁はいつも陰陽調和の重ね煮。
甘みもうま味も、いろんなものが美味しすぎて、手作り味噌、感動です