蒸し大豆のカリカリチーズ焼き の紹介です。

ドライパックの大豆を少し押しつぶして、フライパンでピザ用のチーズとカリッと焼いただけの、おやつなのか、おつまみなのか、よくわからないけれど、あっという間に食べきってしまうレシピです。

大豆のカリカリチーズ焼き

大豆は、和風の煮豆にしても、洋風のポークビーンズにしても、サラダにしても、おにぎりに入れても。まぁ、少し。

大豆がたっぷり入っていて、うちの子が喜んで食べるようなレシピがあったらいいのにな〜と考えて、シンプルにここにたどり着きました。

栄養計算をしたら、これを1人で全部食べた場合のタンパク質は12.9g。
タンパク質の摂取量の目安(1日あたり)は、体重1kgに対して0.8gとされていて、それを3食の食事で割ったとしても、結構難しいので… 補食としても、これおすすめです。

ちなみに、蒸し大豆(ドライパック)は、そのまま食べてもおいしい、こちらの商品を常備中。

開封して手軽に使える商品なので、これに出会ってから、豆類を食べる回数が増えました。
もし、子どもたちが もっと小さい頃に出会っていたら、幼児食やおやつにたくさん取り入れていただろうな〜と思います。


この記事の目次
  1. 大豆とチーズのカリカリ焼き 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(ポイント・コツ)
  4. 大豆を使ったおすすめレシピ


大豆とチーズのカリカリ焼き
材料と分量

1〜2人分  調理時間:6分
171kcal

  • 蒸し大豆 1パック(50g)
  • ピザ用チーズ 30g

詳しい作り方

  1. 蒸し大豆はポリ袋に入れ、袋の上から押さえるようにして軽くつぶして平たくする。Collage_Fotora01
  2. フライパンに①とピザ用チーズを入れて軽く混ぜ、中火にかける。
    両面3〜4分ずつ、チーズが溶けてカリッと焼けるまで加熱する。
    Collage_Fotora02

補足(コツ&ポイント)

蒸し大豆
蒸し大豆、体重をかけて手の平で押しつぶすようにすると、簡単に平たくなります。
押しつぶしている方がチーズとなじみやすくなります。

フライパン
フライパン加熱時、周りのチーズがこんがり色づいてきたら、フライ返しでひっくり返してください。
その後、上から押さえるようにして平たくすると、よりカリカリに仕上がります。


このレシピのカテゴリー
副菜
キーワード
大豆チーズフライパンおつまみ

大豆を使ったおすすめレシピ





w66

ライブドアブログの更新通知機能(スマホLINE)
Collage_Fotor

サムネイル写真付きで一覧表示されるので、好きな時間に読みたい記事を選べます。
ブログごとに通知OFF/ON切り替え可能
スマホホーム画面に追加→右下「B」のアイコン
よかったら、ぜひ登録してやってください。