冷蔵庫の野菜ボックスを開けるたびに残っている切り干し大根が気になるので… 和え物にしました。

いつもは食感が良くなるように軽く水洗いして使っているのですが、今日は 消化しやすいようにしっかり水で戻して作りました。 火を使わない 簡単な副菜です。

 ごま+マヨネーズ+醤油+七味 の味付けなので、少しだけ辛みがアクセントになっていて 後を引く美味しさですよ〜

切り干し大根の七味マヨサラダ
この記事の目次
  1. 切干大根の七味マヨサラダ 材料・分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(コツ&ポイント)
  4. 切り干し大根のおすすめレシピ


切干大根の七味マヨサラダ
材料・分量

2人分  調理時間:15分

  • 切り干し大根 25g
  • 【A】マヨネーズ 大さじ1
  • 【A】醤油 小さじ1
  • 【A】白ごま 小さじ1
  • 【A】七味 適宜
  • スプラウト 少量

詳しい作り方

  1. 切り干し大根は流水でもみ洗いし、10分ほど水につけて戻した後、ザルにあげて水気を切る。
    Collage_Fotorr01
  2. 【A】を混ぜ、軽く水気を絞った①と混ぜる。器に盛り付け、スプラウトを散らす。
    Collage_Fotorr02

補足(コツ&ポイント)

食感をよくしたい場合は、流水でもみ洗いしたあと絞らず、ザルに10分ほど置いたものをお使いください。
もっと柔らかくしたい場合は、軽く茹でこぼしたり、電子レンジで加熱しても構いません。

サラダ感覚で食べられるように、味付けは薄めにしております。お好みで、醤油や七味を増やしてください。

レッドキャベツのスプラウトを使用しています(なくても構いません)

このレシピのカテゴリー
副菜おかず
キーワード
マヨネーズ切干大根火を使わない

切り干し大根のおすすめレシピ






t00340034_0034003412818446573

昨日、4年ぶりに!!!
皮膚科に行きました。
子どもの付き添いで行くことはあっても、なかなか自分のことでは行かない皮膚科。

最近、手が痒くて
小さい水ぶくれのようなものもできて、腫れているし…

4年前もそうだったのですが、結局のところ「汗疱(かんぽう)」とのこと。ただ、手荒れもしているから、まずは手荒れを治しなさいと。
最近、アルコール消毒をよくするようになって、余計に手荒れが進んだようです

皮膚科の先生に、「なんでアルコール消毒するん?」と言われ。手荒れは常に油で手を覆えば治る汗疱は汗をかかなければ治るとアドバイスを受けて、帰ってきました。

(; ̄Д ̄)
アドバイスは、ごもっともなんだけど、なんとも言えないこの気持ち(笑 

とりあえず、痒み止めの内服薬と、アンテベート(強ステロイドの ベタベタな軟膏)の効き目は絶大です。
行ってよかった、皮膚科。