ドライパックの蒸し豆を使った 簡単な副菜 を1つ。

常温でストックできる蒸し豆と、冷凍保存していたちりめんじゃこを、甘辛い味付けでさっと煮込みました。ご飯のお供やお弁当にぴったりですよ!

私のお気に入りの食材で、ここ数年、ブログにもよく紹介させていただきましたが、『食の科学舎』さんのドライパック。とら豆の50gパックは、もう製造中止になるようです。また、春からホームページがリニューアルされるそうなので、新しいサイトがOPENしたら、ブログで紹介いたしますね。

乾燥の豆、茹でて使えばいいだけの話なんですけどね・・・こう言う、さっと使えるドライパック、ストックしておくと、ちょっと1品足りないな〜と言う時に便利なんですよね。しかもおいしい!

豆とじゃこの甘辛煮
この記事の目次
  1. 豆とじゃこの甘辛煮 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(コツ+ポイント)
  4. 作りおきおかず


材料と分量

2人分 調理時間:5分 冷蔵保存:3日間

  • とら豆(ドライパック) 1袋(50g)
  • ちりめんじゃこ 大さじ2
  • 【A】酒 大さじ1
  • 【A】みりん 大さじ1
  • 【A】醤油 小さじ2
  • ごま油 小さじ1
  • 青のり ひとつまみ

詳しい作り方

  1. 鍋にごま油を入れて中火で熱し、とら豆・ちりめんじゃこを入れて炒める。
  2. 全体にごま油が回ったら【A】を加え、煮汁がなくなるまで炒り煮にする。最後に青のりをふりかける。
  3. Collage_Fotor1

補足(コツ&ポイント)

材料
ゆでた豆や、蒸した豆など、お好みのものをお使いください。
ちりめんじゃこ→釜揚げしらす・桜えび。ツナやベビーホタテなどで代用可能です。


作りおきおかず

昨日、紹介していた作りおきおかず。
IMG_4965


鶏手羽は、この日の晩御飯で完食。
この甘辛煮は、混ぜご飯にしておにぎりにしました。
じゃがいもはお弁当にも入れて、コールスローは私が野菜不足解消のため、もりもり食べています。
w66

ライブドアブログの更新通知機能(スマホ)
Collage_Fotor
サムネイル写真付きで一覧表示されるので、好きな時間に読みたい記事を選べます。
ブログごとに通知OFF/ON切り替え可能
スマホホーム画面に追加(右下「B」のアイコンです)
よかったら、ぜひ登録してやってください。