冷凍しておいたベビーホタテを使った アルデンテのリゾットです。リゾットと聞くと、なんだか難しそうですが、要は スープで15分くらい煮込んだご飯 です。

スープにセロリズッペン(←乾燥野菜だし)とかベーコンとか。リゾットにホタテ・ポルチーニの粉末・パルジャミーノなど。香りが良いものや、数種類のうま味を掛け合わせているので、お店レベルの味です。

おいしいリゾットを作ってみたい方、ぜひ読んでいってください。

クリスマスやおもてなしにもぴったりなポルチーニ粉末を使ったアルデンテの簡単リゾット
この記事の目次
  1. 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. ボーソー米油部第二期キックオフイベントレポ(米油について)


材料と分量

4人分  調理時間:25分
2人分の場合は全ての材料を半量にしてください

  • スープ 1600ml
  • 米油 大さじ4
  • たまねぎ 1/4玉
  • ベビーホタテ 10個
  • 白米 2合
  • 牛乳(or 生クリーム) 50ml
  • 粉末ポルチーニ 小さじ1
  • 塩、こしょう 少々
  • パルジャミーノ 20g

パルジャミーノはすりおろしましたが、普段使いの粉チーズでも構いません。

油は、バターやオリーブ油でも構いません。バターを使うと濃厚なコクが、オリーブ油は独特の香りがするので、今回はクセがなく体に良い米油を使って素材の味や香り・うま味を引き立てています。

スープに関しては、詳しい作り方・ポイントにて説明しています↓


詳しい作り方・ポイント

スープは、ベーコン・たまねぎ・にんじん・キャベツ・乾燥野菜だしセロリズッペンを2L以上の水から茹でて作ります。かなり多めですが、残ったものはハーブソルトを加えてスープにして食べます。

リゾットの具がホタテなので相性を考えてベーコンでスープを取っています。魚介の場合はベーコンや鶏肉、野菜の場合は牛肉や豚肉が合いますよ。

  1. フライパンに米油を入れて中火で熱し、たまねぎ・ホタテを炒めます。
    ホタテを取り出し、白米を加えて炒めます。
  2. 米油で素材を炒めるリゾットの工程写真Collage_Fotor03
  3. 米にツヤが出たら、スープを加えます。スープ1カップを加えて混ぜ、水気がなくなったらスープを加え〜を数回繰り返します。
  4. Collage_Fotor04Collage_Fotor05
  5. 15分炒めたら、スープ少量・牛乳を加え、ホタテを戻し入れます。ポルチーニ粉末・塩・こしょう・パルジャミーノを加え、お好みのやわらかさに仕上げます。
  6. 15分煮込んだらホタテを戻し入れるリゾットの工程写真ポルチーの粉末やチーズをリゾットの仕上げに加える工程写真

最初ホタテを炒めるのは、出てきた水分を米油と乳化させ、白米に吸わすためです。白米は洗わないまま使います。

スープは火にかけておき、熱々の状態でリゾットに加えます。具が多い場合は、みそこしを活用すると、スープのみをすくいやすいです(②の工程写真)

15分間煮込みますが、後半は火加減を弱火にしてください。米から粘りが出ないように、時々混ぜてください。

スープを加え、水分がなくなってきたらまた加え〜を繰り返すと、スープの分量を調整しやすく、アルデンテの状態で調理ストップしやすいからです。15分経つ少し前から、米を食べて、お好みの かたさに仕上げると良いでしょう。

粉末ポルチーニ、香りが飛ばないよう 一番最後に加えます。(カルディで買いました。)乾燥のフンギセッキポルチーニなら、時々スーパーでも見かけます。その場合は、スープに加えてください。

w66

ボーソー米油部第2期キックオフイベント

2019年11月22日(金)
米油について、勉強してきました。
米油の成分やろか状況がわかりやすい写真

ボーソー米油部として、今年も1年活動いたします。
ちなみに第1期の時のイベント記事、米油の特徴について細かく書いております。↓

特徴を、ざっと簡単にいうと…

  • 酸化に強くおいしさ長持ち
  • 油くささがない
  • 他の油よりも、調理器具や換気扇が汚れにくい
  • 栄養効果が高い(スーパービタミンEのトコトリエノール、ガンマオリザノール、コレステロールの吸収を抑える働きの植物ステロールetc)
  • ボーソー米油は国産(←海外から原油を輸入して国内で精製した米油や、海外で製造した米油もある)

米油と他の油の食べ比べ実験

食べ比ベると、その違いが歴然。
米油にくせや香りがない分、素材の味が引き立ちます。

Collage_Fotora03

イベントでは、米油を多めに注いで作る カリッと食感のたこ焼きを作りました。
たこが大きめで カリカリ食感のたこ焼きは、揚げたみたいで、なんだか贅沢な気分になりました。
いつも家で食べるときは、 関西特有の やわらかい たこ焼きを食べてきたのですが、このたこ焼きも絶品でした!

たこ焼きの写真も、ちゃんと おいしそうでしょ。
写真を撮りながら作るの図(笑
たこ焼きを作って写真に撮る図

みなさま、ありがとうございました。
今期もどうぞよろしくお願いいたします。
このレシピのカテゴリー
ご飯・丼
キーワード
ボーソー米油部米油イベント


米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ