お土産に頂いた 広島名物  せんじ揚げ 

パッケージに、こう書いてあります↓
「ビールに合うんじゃけぇ食べてみんさい」
豚ホルモンを特製のたれでじっくり漬け込んで、香ばしく揚げたんよ。噛めば噛むほど味が出るけぇ、ぶちうまいんよ!

これ、本当おいしくて、ずっと噛んでられる おつまみなんです。
脂っこくなくて不思議!!
テーブルに置いているだけで、あっという間になくなってしまうのが勿体なくて、せっかくなので浅漬けにしてみたんですけど。

浅漬けがびっくりの美味しさになりました…
お土産で頂いたのは、広島・海田町で愛されて創業142年のお肉屋さん植田商店のこちら。せんじ揚げがわかりやすい写真

そのまま食べても美味しいので、味付けはシンプルに液体塩こうじのみにしました。せんじ揚げのうま味たっぷりです。
せんじ揚げ入りの白菜浅漬け

この記事の目次
  1. せんじ揚げ入り白菜浅漬け
    材料と分量
  2. 詳しい作り方・ポイント


材料・分量

4人分  調理時間:5分
冷蔵保存:2~3日間

  • 白菜 2枚(200g)
  • きゅうり 1本
  • せんじ揚げ 2〜3個
  • 液体塩こうじ 大さじ2

詳しい作り方・ポイント

  1. 白菜は1cm幅に切る。きゅうりは縦半分に切ってから斜め切りにする。せんじ揚げは5〜8mm幅に切る。
    漬物容器に、白菜・きゅうり・せんじ揚げを混ぜて入れる。
    Collage_Fotor000
  2. 上から液体塩こうじをかけて重石をし、6時間ほど置く。
    Collage_Fotor0001

重石をしない場合は、ポリ袋などに入れ空気を抜き、時々上下を返すようにして液体塩こうじとなじませてください。

液体塩こうじの場合は、野菜の重さの10%。
塩を使う場合は、野菜の重さの3%くらいがおすすめです。

いつも、昆布・乾しいたけ・さきいかなどのうま味の強いもので浅漬けを作っているのですが、その代わりに、せんじ揚げを使ってみました。

このレシピのカテゴリー
おかず>副菜
キーワード
白菜液体塩こうじ火を使わない