先日のお弁当に入れていた  ラム肉の味噌煮 のレシピです。

少しくせのあるラム肉は、みそや醤油などでしっかり味付けしたり、スパイスを効かせるのがぴったり! 今回は、みそベースなのですが、市販のみそだれで超簡単に作っています。冷蔵庫に常備しておきたくなるみそだれです。

電気圧力鍋のスロークッカー(80℃)を使っていますが、普通の鍋で弱火〜中火45分加熱で、同じようにやわらかく作れますよ。

20191103_a02
この記事の目次
  1. 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(みそだれについて)
  4. みそだれ使用おすすめレシピ


ラム味噌煮の材料

4人分  作業時間:6分  冷蔵保存:3日間

  • ラム肉(2cm厚切り) 600g
  • 塩、こしょう 各少々
  • 油 小さじ2
  • 【A】みそだれ 100ml
  • 【A】酒 50ml
  • 【A】薄口醤油 30ml(約大さじ2)

詳しい作り方

  1. ラム肉に塩・こしょうを振る
  2. 油を入れたフライパンを強火にかけ、ラム肉をさっと炒めて焼き色をつける
  3. 電気圧力鍋に②と【A】を入れて混ぜ、スロー調理4時間加熱する
Collage_Fotor001
Collage_Fotor002
(4枚目の工程写真、さつまいもも一緒に蒸していますが気になさらず…)

スロー調理中は放置しているので、アク抜きができないため、先に焼き色をつけております。炒めた時に出てくる余分な水分は、油と一緒に、キッチンペーパーで拭き取ってください。

普通の鍋で作る場合は、鍋で最初に炒めて、そのまま【A】のたれを加えて45分ほど煮込めばやわらかくなります。火加減によっては水分量が足りなくなると思うので、焦げないように 様子を見て水を足してください。

電気圧力鍋のスロー調理機能。
80℃でコトコト調理してくれ、設定した時間が経過すると、自動的に保温に切り替わります。
BRUNO crassy+ 電気圧力鍋BRUNO crassy+電気圧力鍋


補足(みそだれについて)

北海道のこだわり調味料のトモエ 特製味噌だれ業務用1Lを愛用しています。

原材料は、米みそ、還元水あめ、しょうゆ、りんご果汁などで少し甘め。にんにくやごまも入っているので、これを加えるだけでも味が決まって、常備しておくと便利な調味料です。

忙しい日とか、メニューが決まらない日は、だいたい 豚肉と キャベツなどの野菜をさっと炒めて、このたれで味付けするおかずになります(笑

実は業務用で、オンラインSHOPに今は表示されていないので、購入したい場合は、福山醸造株式会社H&B事業部が運営する食の科学舎ONLINE SHOPのお問い合わせフォームからになります… 

北海道産の甘酒や野菜ピューレ、ドライパックなどを買う機会があれば、ついでにぜひ!

このレシピのカテゴリー
主菜電気圧力鍋
キーワード
ラム肉スロークッカー

みそだれ使用おすすめレシピ3選