昨日に引き続き、岐阜県産菌床しいたけ「飛騨・美濃やまっこ」を使ったレシピの紹介です。

今回は、豚ひき肉を詰めてグリルで焼く  しいたけの肉詰め 

写真を見てもわかるように、すごく肉厚なので、豚肉の割合よりもしいたけの割合の方が高くヘルシー! グリルで焼いて香ばしく仕上げました。

しいたけが肉厚で歯ごたえもあるので、豚肉に負けていません。しいたけを楽しめる、お腹一杯になるボリュームおかずです。
わさび+醤油につけてお召し上がりください。

肉厚しいたけの肉詰め焼き
この記事の目次
  1. やまっこの肉詰め 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(コツ&ポイント)
  4. 献立など


材料と分量

4人分  調理時間:20分

  • 岐阜県産菌床しいたけ「飛騨・美濃やまっこ」(大)1パック 8個
  • 豚ひき肉 200g
  • 【A】醤油 大さじ1/2
  • 【A】生姜(すりおろし) 小さじ1
  • 【A】ごま油 小さじ1
  • 【A】塩、こしょう 少々
  • 小麦粉 適宜

わさび・醤油などを添えてお召し上がりください。


詳しい作り方

  1. やまっこは軸を取り除き、軸をみじん切りにする。
  2. ボウルに、豚ひき肉・【A】を入れてしっかり混ぜる。
  3. Collage_Fotory02
  4. やまっこのカサの内側に小麦粉を振って、②の肉だねをしっかり詰める。
  5. グリルの弱火で12〜15分焼く。
  6. Collage_Fotory03

補足(コツ&ポイント)

軸の部分
軸の部分が多すぎると、肉だねがまとまりにくくなるので、豚ひき肉と同じくらいの分量までにしてください。

グリル
焼き色がつきすぎる場合は、アルミホイルなどを被せて 焦げないように調整してください。

JA全農岐阜×レシピブログのモニターコラボ広告企画に参加しております。岐阜県産菌床しいたけ「飛騨・美濃やまっこ」はモニタープレゼントでいただいてます

このレシピのカテゴリー
主菜おかず
キーワード
豚ひき肉しいたけ和食

献立など

買い出しに行ったので、「やまっこ」これこれ〜と思って手に取ったら(下の方の段)、「やまっこ」ブランドではありませんでした 失礼しました。
産地は同じなんですけどね… 普通に「肉厚しいたけ」として販売されておりました。
IMG_1953


この日は、メインが肉詰めだったのですが、肉の割合が少ないので、銀鮭を鮭フレークに。
鮭フレークの骨取るのが苦手なんですけど(見えにくいし、時間かかるし・・・)、でも食べやすさ重視で!! 集中して骨取り除いております。
Collage_Fotory01

お味噌汁は、重ね煮。
①具材・お椀1杯分の水・味噌(大さじ3)を入れてフタをして中火加熱。
②中が沸騰してフタから蒸気が漏れるくらいになったら弱火に落として5〜6分加熱。
③お椀2杯分の水・ニラ・わかめを加えて中火にあげ、温めたら完成。

具材をたくさん入れているので、これで4人分のお味噌汁が完成です。
だしは入れないの?って話ですが、重ね煮にすると素材の旨みが引き出されるので、特にカツオや昆布から出汁を取らなくてもOK。気になるようでしたら、味の素®︎を加えたり、最後に削り節を加えたりするとGOODです。
Collage_Fotory04
この作り方にしてから、みそを溶き入れるっていうワンアクションが減って、味噌汁作るのが楽になりました。

品数少ないけれど。
具沢山のお味噌汁と、炊きたてのご飯と、美味しいしいたけの献立でした。
肉厚しいたけの肉詰め献立