ちょっと味付けがしっかりしている鶏ハム作りました。 電子レンジで作ったけど結構やわらかい(調味料のおかげ) です。

「梅酒のクエン酸が肉を柔らかくする効果がある」と たまたまTV(週末の『世界一受けたい授業』。しかも全部は見ていない )で言っていたので実験。

スロークッカー(80℃)や保温調理、ワット数が低いレンジ調理で作ると、やわらかく作れるのは当然。あえてレンジ600wでさっと作ってみて、どうなるかな〜と実験してみました。

結論を先に言うと、「やわらかさは、スロークッカーや保温調理には叶わないけれど すぐに出来るし、他の調味料でレンジ調理するよりは やわらかく仕上がる。味付けが美味しい。」仕上がりでした。

レンジで作る柔らか鶏ハム
この記事の目次
  1. レンジ鶏ハム(梅酒)材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. コツ&ポイント、関連レシピ
  4. 献立紹介


材料と分量

むね肉2枚分
漬け込み:30分 電子レンジ600w加熱10分

  • むね肉 2枚(650〜700gほど)
  • 【A】梅酒 大さじ4
  • 【A】醤油 大さじ2
  • 【A】にんにく(すりおろし) 小さじ1/2
  • 【A】塩、こしょう 少々
パセリやブラックペパーを後から振っています(お好みでどうぞ)

詳しい作り方

  1. むね肉は皮や余分な脂を取り除き、ポリ袋に【A】と入れてなじませ30分置く。
  2. Collage_Fotorq01
  3. 耐熱ボウルに移し ふんわりとラップをかけて電子レンジ600w6分加熱する。
  4. Collage_Fotorq03
  5. 上下を返し 再びラップをかけて電子レンジ600w4分加熱する。
    (下の工程写真左側は上下を返す前。右側は全ての加熱が終了した後)
  6. Collage_Fotorq04

コツ&ポイント、関連レシピ

厚み・大きさと加熱時間
厚みがあるものを作りたくて、そのままで作っているので、加熱時間も多くかかっております。
むね肉を観音開きにして厚みを半分にしたり、むね肉を1枚だけで作る場合は、加熱時間を5分前後で調整してください。

ラップ
工程写真2の左側のように、落とし蓋の代わりにラップを1枚被せていると、調味料が回りやすくなりますよ。

取り除いた皮
IMG_4823
一緒に加熱して、あとで楊枝に刺しました。明日のお弁当のおかずのミニ焼き鳥が完成。
鶏ハムは漬け汁と一緒に冷蔵保存しておき、2、3日以内に食べきります(食べる時は、漬け汁と一緒に温めなおします)


梅酒+醤油+塩こしょうで作ると、鶏チャーシューよりはあっさりとした 甘みのあるタレになります。
ブログ内にも、鶏ハムレシピはいろいろありますが、私はこちらの味付けが一番好きです↓

このレシピのカテゴリー
主菜おかず
キーワード
鶏むね肉電子レンジ梅酒

献立紹介

朝ごはんのようですが…ブランチです。
鶏ハムブランチ献立

プレートに乗っている小さな器の中身
 きゅうりのお茶漬けわさび和え
まこりんとペン子sanのレシピです。

Collage_Fotorq02
きゅうりが1本しかなかったので、ミニトマトをプラスしちゃいましたが、お茶漬けの素を調味料の代わりに使うとこんなにも美味しいんですね!!!
わさびが良い仕事してくれているだけでなく、ぶぶあられがカリカリでくせになる美味しさでした

ぶぶあられはカラフルなもの。
大森屋さんの「ふりふりあられ」と言う商品で、スーパーのふりかけコーナーに並んでいます。(ふりふりあられは、色がMIXになったもので、色分けされているものではありません。)

おにぎりが、ずんぐりむっくりだ…