レシピやご飯日記をメインに書いているブログですが、時々 番外編も書いておりまして。
特に、リカちゃん人形『手作りクローゼット』小物収納の記事は、好評なようで・・・
先日、久しぶりに リカちゃん人形の服を手作りしたので、記事に残しておきます。
20190324_a06

リカちゃん人形の服は・・・
小さなお子様が遊ぶものなので、脱ぎ着させやすいようにマジックテーブやホックなどを使い、縫い目などから、ほつれてこないように
  • ピンキングハサミでカット→ピケでほつれ防止
  • 糸の処理をしたあと→ピケ処理
と、ピケ使いまくりです。
ピケは、ほつれ防止の接着剤のようなもので、どこの手芸店に売ってます。
ビーズなどの細かいパーツも、糸が切れてばらけないように、何重にも縫って対策済み。
 
チャコペンは水でぬらすと消えるものを使用。

20190324_a05


カフス
後ろ身頃(左)
前身頃
前身頃の飾り
後ろ身頃(右)
スカート部分
エプロン
などのパーツをカットしておき、それを縫い合わせていくだけです。
 

身頃にタックやレースなどを付ける場合でも、こんな感じで バランスを見て縫い合わせていきます。
20190324_a02

細かい部分は手縫いでも良いんですけど、ミシンの方が縫い目がそろうので、なるべくミシン使用。
ギャザーのボリュームも調整しながらミシンで縫うか、事前に手縫いでギャザーを寄せた後にミシンを使用するか。
20190324_a03

①前身頃の飾りをつけ
袖のカフスのギャザーを完成させ

②前身頃と後身頃を肩で縫い合わせ
③袖をつけてから、脇を縫い
④上のパーツとスカートを縫い合わせ
⑤マジックテープなどを縫い付けたら完成。
 

もし作りたい!と言う方がいたら、こういう本があります。
縫い方の説明がわかりやすく、型紙もついているので、おすすめ。

はじめてのドール・コーディネイト・レシピ お人形服作りの基本とコツ/関口妙子【1000円以上送料無料】
はじめてのドール・コーディネイト・レシピ お人形服作りの基本とコツ/関口妙子【1000円以上送料無料】
『Dolly*Dolly Books』や『わたしのドールブック』などはシリーズで何冊も出ているので、気に入った服のデザインがあれば チェックすると良いと思います。
靴とか帽子などのパーツだったり、編み物だったり、いろんなものが載ってて参考になると思います。
 
 
基本の型紙さえあれば、そこからバランスを調整したり飾りをつけたり。
作りたいお洋服に近づけていきます。
2007年8月。
娘のリカちゃん(ってこれはマリアちゃんだけど)にはじめて作ったワンピースはこれでした。

20190324_b01
息子が幼稚園に入園する時の手提げカバンを作るにも四苦八苦していたのに・・・
ハンドメイドにはまり、夜な夜な4,5年続けたらこうなりました ↓
20190324_b02


ここ数年は、「ミシン=新学期のぞうきんを縫う時のみ」になってたのですが、久しぶりに作ると、やっぱり楽しいですね。
娘がプリキュアにはまっていた頃を思い出します。
今回作ったのは、プリキュアのキュアマカロン
パティシエ服風

20190324_a08
きっと、TVでは、エプロンは上まで全部だとは思うのですが、上までエプロンにすると、もこもこになるので ブラウス風のワンピースに 下のエプロンをプラスして、イメージを似せました。
エプロンなしでも、普通のワンピースとして遊べるし。
 
 
こちらが、キュアマカロンの変身した時の服。
 20190324_a07
ピンクの布の部分は、バルーンスカート風に。
レースや布をつければつけるほど、重くなりますが・・・
  
レースの色が違ったり、
アニメのようにくびれてないし
ウェストについているポシェットのようなパーツは、家にあるもので作ったので、微妙にビーズが違いますが。

「なんとなく、そんな感じの服」で。
20190324_a09
リカちゃん人形の服で、プリキュア風って売ってないので・・・
全く同じではないけれど、喜んでもらえるかと。
 

こういうおもちゃって、小物類が増えたり いつの間にか 靴が片方なくなったりしがちですが・・・
置く場所を決めてあげさえすれば、なくさず 長く遊べるかと。
気に入ったものは、大切にする図式です。

このお洋服は、こちらに もらわれて行きました~
末永く遊んでもらえますように!!!
kit21
次の記事から、また料理関連に戻ります。長々と読んでくださって有難うございました!
メニューに困ったら、食材別レシピ一覧をご活用ください。
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓