(今回はレシピ記事ではありません。番外編。)

1つ前の記事で、娘が2番目によく遊んだフェルトのおもちゃの事を書きましたが・・・
娘が1番よく遊んだおもちゃは、ずばり リカちゃん

(正しくは 髪の毛が形状記憶なマリアちゃんとか 温めたり氷水で冷やしたりすると髪色変わるさくらちゃんとか、耐熱160℃のドール植毛用サランに私が植え替えたリカちゃんとか、旅先で買った海外の子や ブライスを足すと10体くらいいます・・・)
20170822_a09
娘が2歳9か月の時↑ってことは、リカちゃん歴10年!!
このマリアちゃんの髪の毛をくるくるするおもちゃ、まだ正常に動く
 
リカちゃんたちは、お洋服に靴に、ピアスにピン止めに・・・
って とにかく 小物が多すぎる!!!
 
子どもに任せて おもちゃ箱につっこませると、次 アレが無い!コレが無い!!
靴はどうして片方しかないの? ちゃんとなおさないから、そうなるんでしょ!!
ってならないように・・・
 
 
うちは、リカちゃん人形グッズを こんな感じで収納していました。
20170821_b08
おもちゃを収納している棚はカラーボックス
なので、そのカラーボックスに合わせて、板をボンドで張り合わせ、金属の棒をパイプハンガー代わりに。
この板の箱ごと、別の場所へ移動も可能です。
20170821_b04
服は必ずハンガーにかけておけば、行方不明になりません。
20170821_b09
右側のハンガーは、ツーピースの服も 同じハンガーにかけられる優れもの(ヤフオクで購入しました。)
ハンガーは 「1/6ドール ハンガー」などで検索してみてください。
いろいろな種類の商品が出ています。
 
靴はセットで、引き出しに
20170821_b05
アクセサリー関係も、引き出しに
とにかく、必ず引き出しに!
おもちゃ箱にポーンと入れたら、絶対に行方不明になるから
20170821_b06
このパステルカラーの小物入れはSWIMMERで購入しましたが、小箱をつなげて手作りしたものもあります。
20170821_b07
取っ手の部分はビーズ。
周りはテープで補強して、小物入れの外側は布を貼り付けています。
この引き出しにはリーメント ぷちサンプルシリーズ ぷちドーナッツなどの細かい小物を収納。
 
 
初代のクローゼットは、お正月やお盆にも持ち運びできるように、100均の箱に棒を通して作っていました。
20170821_b01
リカちゃん人形も、小物も全部この箱に入れれる!(くらい その頃は少なかった)
 
 
そろそろお気づきでしょうが、リカちゃん人形の服は、手作りしたものもあります。
プリキュア風の服を作ったり
20170821_b03
アリス風のドレスを作ったり
20170821_b02
布の切り端や糸の結び目はピケで処理し、主にミシンを使用。
所々手縫いしている部分もあります。
20170822_a03
小さい子でも遊びやすい様に、後ろはスナップか、マジックテーブで開きやすいように。
服は 型紙通りカットして、縫い合わせるだけ。
細かい作業を丁寧にしようとするから時間がかかりますが、作ったものが形になるって楽しいですよね。
 
もし作られる場合は、こういう本がおすすめです↓




10年遊んだリカちゃんたちは、さすがに娘も飾っておきたいな~と。
だよね。
今は、同じものを作る時間も気力もないっす。

袋に入れて しまっておいて また数年後、考えよう。
まだまだ片付かない。そりゃそうだわ(笑

 
更新情報を受け取る?
LINETwitter