我が家で使用しているホームベーカリーは、年代物で、National SD-BT103です。
(2005年とか、2006年くらいから使っています)
きっと、このホームベーカリーは、1斤用だと思うんです。
 
なので、2斤焼く時は、時間差で作ってたんです。

ホームベーカリーが生地を捏ねてくれる時間は、20分くらいなので。
1回目、捏ね終わったらボウルに入れて室温で、1次発酵。
すぐに2回目の材料を投入して、1次発酵終了まで、ホームベーカリーまかせ。
 
1回目と、2回目の生地を同時に成形して、最終発酵させ、同時に焼き上げるのがゴールなのですが、若干 生地の温度に差があったりして、全く同じようには作れないんですよね。
 
 
と言うわけで、1度に2斤分の材料を入れて作ったらどうなるのかを実験したら・・・(2014年9月) 良い感じに完成
 20160815_01
もしかしたら機械に負担がかかるかもしれないので、おすすめは出来ないのですが、毎回こんな感じで作ってます~と言う事で、ブログの記事にします。



まず、材料をホームベーカリーに入れます。

finger-icon05_r1_c52斤分の材料です。

強力粉 440g 全粒粉 40g
バター 50g
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1
水 280ml
インスタントドライイースト 小さじ2 

ペストリーボードにも手にも付きにくいくらい 扱いやすい生地になるように 水分量少な目です。 
混ざりやすいように、バターは常温にしています。
生地捏ねコース START!
20160814_06
最初は、ゆっくり動いてくれるホームベーカリー。
第二段階で、ちょっとスピードが速くなると、強力粉が舞いまくる!
ギャーー
20160814_07
なので、最初の1~2分の間、菜箸でグルグル。混ざるのをサポートしてあげてます。

パンケースがななめになっているのは、摩耗するからです。
ホームベーカリーの壁と当たるようになると、メーカーさんから取り寄せて新しいパンケースを購入します。が、また摩耗して結局ななめに・・・ もう気にしませんw

 

インスタントドライイーストも投入されて、生地捏ねが終了した状態。
20160814_08
1次発酵が終わった地点で開けると、この状態!!!
20160814_09
あふれそう・・・(・∀・。(-∀-。)
水分量や油分量がもう少し多いと、もうあふれているかもしれません。

 
ガス抜きをして、ベンチタイムのあと成形します。
ラウンドパンフェチなので、トヨ型愛用。
トヨ型には、前もって 離型油(オイルスプレー)を振っています。
20160814_091
最終発酵が終わったら、180度で40分焼き上げます。
焼きあがった写真は、このブログ記事の一番上の写真です
  
 
混ざりムラが出来ないように、菜箸でサポートしたりしていますが、ごくごく綺麗に普通に焼けると言う事実でした。

 
 

使用しているのはこの型、『合わせトヨ型』

私が使用しているのは、こちらの型です
合わせトヨ型 ラウンドパン型合わせトヨ型(小) 約1斤
内側は、200×108×95mm

それよりも少し細いタイプのものもあります
合わせトヨ型 ラウンドパン型合わせトヨ型(スリム)ラウンドパン型
内側は、232×70×70cm


20150917_a01