いろいろな具材を準備して、それぞれ好きな具を挟んでもらうスタイルで、サンドウィッチのお昼ごはんにしました。
準備した具は こちら
  • サニーレタス・きゅうり
  • コロッケ
  • ローストポーク
  • キャロットラペ
  • 紫キャベツのコールスロー
  • 茹で玉子サラダ
  • トマト
20161227_05
パンは、神戸屋さんの半円のパン「円熟」で。
ライ麦・発芽玄米・ハト麦・黒米・黒ごまが入っている五穀の5枚切りにスリットを入れて、ポケットサンドにしました。
20161227_02
この半円の形が可愛くて ポケットサンドにぴったりで。
以前のブログでも紹介してますし、ひなちゅんちゃんも先日紹介してましたね。
 

今回は、切り方を2通り。
カーブがかってる弧の方に切り込みを入れた場合と
20161227_03
ピタパンみたいな感じで、そうじゃない方に切り込みを。
20161227_04
あとは好きな具を挟むだけなんだけど・・・
こうやって、欲張っちゃうよね。
はみ出るくらい
20161227_06
こちらに切り込みを入れた方は、あんまり具が入らないのねっ
それでも限界まで具を入れようとして、パンがやぶけてきたーーー
20161227_09
カーブしている方に切り込みを入れた方が、具がたくさん入って 華やかなんだけど
子どもって言うのはすごく正直で
娘に

「そのままでも美味しいパンやねんから普通に焼いたらいいねん。
サンドイッチにしなくても、おかずは添えたらいいねん。
食べにくいわー!」


バッサリ
ちなみに、「もちふわ匠の逸品だったら、4枚切りや5枚切りを薄くスライスして(←関西には8枚切りは売ってないので)
こうやって半分に具をのっけて
20161227_07
ただ折り曲げるだけで簡単で食べやすいサンドウィッチになります。
ふわふわだから、サンドウィッチ向き。
20161227_08
ちなみに、コロッケとローストポークは 晩御飯からのお取り置きだよ。
20161227_11
1つ1つ作っておいてもいいけれど
それぞれ好きな具を挟むスタイルも楽しいです。
何でも食べれるけれど好きなものをたっぷり挟む子(←末っ子)とか、いろいろなものをバランス良く挟む子(←長男)とか、なんでも良い人(←主人)とかね。



パンを冷凍保存するときは

小分けしてラップに包んでから
20161227_12
パンの形が変わらない程度に なるべく空気を抜いて、保存袋に。
(私は、フードシーラーを使用しています)
20161227_13
冷凍庫で1か月ほどもちます。
 20161227_14
食べる時は
  • 前もって冷蔵庫に入れておいて自然解凍させる
  • 凍ったままの状態でトースターで焼く ←この場合は、外側が焼けて内側がまだ冷たいままにならないように気を付けてください
などの方法で食べられます。
お試しあれ♪


 
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
 
最近は1日に1回、夜20時(正確には20:01分予約設定)の更新を目指しています。
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」のリンクをクリックすると読者登録完了です。
もしよかったら、ぜひ♪