心斎橋から南東へ少し歩く事3分。
宮崎牛鉄板焼きステーキ みやざき館です。
55669638_1514644611999985_5034523792076963840_n
【食べログ】って書いたのは、ブログ初です。
2014年の5月に、みやちく@大淀河畔(宮崎)に行った事があり、いつかまた行きたいなぁとは思っていたのですが・・・
関西で本格的な宮崎牛鉄板焼きステーキが食べられる場所がありました!
みやざき館です。
 
宮崎県大阪事務所のI課長と、みやざきブランドアンバサダーのバリ猫ゆっきーchanと、先週行ってきました。
ブログ内みやざきブランドアンバサダー関連の記事一覧は、こちらからどうぞ↓
20190326_m01
入口に入るとすぐ、宮崎が誇るブランド牛「宮崎牛」がお出迎え。
霜降り感とか 肉のキメとか ツヤツヤでキラキラ。
専門的な事がわからない素人の私でも、期待が高まります。
 
先日行われた第91回アカデミー賞授賞式のアフターパーティーでも、2年連続使用された食材でもあり、今回は幸せな事に、その時と同じ等級の宮崎牛をいただきました。
20190319_a04
ほたるいか たけのこ 菜の花など季節を感じる前菜が。
こちらに使われている鮮やかな紅芯大根や、伊勢エビに添えられているズッキーニは、宮崎県産。
20190319_a14
新キャベツのスープは味わい深く
トッピングされたクラッカーの食感と、ベーコンの塩気が、溜息ものです。
1か月ごとに、メニューの内容が変わるそうです。
20190319_b01
伊勢海老の尻尾の部分も、カリカリ煎餅に大変身。
ウニとあおさ入りのタルタルソースが絶品でした。

20190319_b15
こんな立派なアワビ、食べた事ない!
宮崎県産のパプリカも甘くておいしかったです。
ほっぺたが落ちそうになるのを何回も拾いました。

20190319_b19
日向夏入りシーザーサラダは、白いフカフカの部分(アルベド)がなんとも言えないおいしさですが、皮がすりおろされていて、香りがとっても爽やかです。


20190326_55
何よりも、目の前の鉄板で、Tシェフが調理してくださって、臨場感が最高。
食材が変幻自在に変わっていく様子は、魔法を見ているようです。
20190326_555
お待ちかねの宮崎牛は・・・
フランベされ、炎に包まれて圧巻だったのですが、私の一眼レフの連写ではうまく切り取れず。
20190319_b26
ソテーされた椎茸も、佐土原茄子も、レッドダイヤ(やまだいかんしょ)もおいしすぎます。

そして、みやちくと言えば!
食パンの上に乗る宮崎牛!!!
20190319_b27
お皿に直接のせるよりも、温度が下がりにいと言う事ですが、この肉汁がついた食パンが、あとで信じられないデザートに変身するんです。
20190319_b28
お肉って、こんなに甘かった?
口に入れた時に、こんなに良い香りがした?
家族に申し訳ない気持ちになりました(食べさせてあげたい・・・)
20190319_b32

宮崎牛で作る炒飯は、宮崎県のきゅうり入り。
えびの高原ひのひかり使用。
20190319_b43
「炊いたあと 洗ってぬめりを取り 冷やしたご飯で作ってるんですよね?」って、2014年に聞いた事、ちゃんと覚えてましたよ。

どうやら、本当においしい時の記憶は薄れないようです。

だしを注いで、最後はお茶漬け風に。
伊勢海老のだしで作ったお汁は、食べたことがないおいしさでした。
20190319_b45

そして、デザート。
肉汁を吸ったパンがフレンチトーストになります。
奥に並んでいるのは、何かわかりますか?
20190319_b47
完熟きんかん "たまたま " です。
1月から出荷がはじまり、そろそろ出荷も終わる頃ですね。
20190319_b50
キウイも宮崎県産。
肉汁までも余す事なく堪能できるコースに感激です。
ごちそうさまでした。

このおいしさと、余韻に浸りつつ
今月も来月もパワフルに頑張るぞ!!!
20190319_b51

今日紹介したのはこちら
宮崎牛鉄板焼きステーキみやざき館


みやざきブランド推進本部
Karada Good Miyazaki
珍しく食べログでした。
過去記事ですが、宮崎県産のお野菜たちの取材記事、興味のある方はこちらからどうぞ↓
やまだいかんしょきんかんたまたま・日向夏原木乾椎茸酪農見学
 

一緒に行ったバリ猫ゆっきーちゃんの美しいレポはこちらからどうぞ↓


いつものお弁当記事は、のちほどUP予定です。
kit21
メニューに困ったら、食材別レシピ一覧をご活用ください。
 
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓