今日は ヘルシーな塩麻婆豆腐 のレシピ紹介です。
あっさりしていて、ちょっと食欲がないな〜と言う時にも不思議と食べられるような味です。

ひき肉も使いましたが、半分をきのこ(舞茸&えのきたけ)にしました。きのこたちからも良い出汁がでまるし、食物繊維もたっぷり。

全部をひき肉で作るよりは、ヘルシーって事で・・・

ヘルシーなきのこいり塩麻婆のレシピ
この記事の目次
  1. ヘルシー塩麻婆豆腐 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(コツ&ポイント)


ヘルシー塩麻婆豆腐
材料と分量

2人分  調理時間:15分
冷蔵保存:2日間

  • 絹ごし豆腐 400g
  • ひき肉 80g
  • 舞茸、えのきたけ 合わせて80g
  • にら 2〜3茎
  • 万能ねぎ 2本
  • 【A】鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 【A】オイスターソース 小さじ1
  • 【A】塩 小さじ1/2
  • 【A】ホワイトペパー 適量
  • ごま油 大さじ1
  • 豆板醤、生姜のみじん切り 各適量
  • 片栗粉 小さじ1(倍量の水で溶く)

豆腐は400gのものを1丁使いました。
グラムが少々前後しても、神経質にならなくても良いレシピですが、豆腐の分量を目安に、調味料の分量などを調整してくださいね。


詳しい作り方

  1. 舞茸・えのきたけは粗みじん切りにし、にらは刻む。万能ねぎは小口切りにする。
  2. フライパンにごま油を入れて中火で熱し、豆板醤・生姜・ひき肉・舞茸・えのきたけを炒める。
  3. しっかり火が通ったら水300mlを加えて煮立て、豆腐を食べやすい大きさに切りながら加える。
  4. 【A】を加えて味を整え、水溶き片栗粉を加えて一煮立ちさせ、とろみをつける。
    最後ににらを加えて混ぜ、器に盛り付けて万能ねぎを散らす。
Collage_Fotor

補足(コツ&ポイント)

柔らかい絹ごし豆腐で作る場合
食べやすい大きさに切ってから、片栗粉をまぶして 1〜2分茹でる下ごしらえをしておくと、崩れにくくなりますし、お豆腐の水気で味がぼやけません。
私は今回、麻婆豆腐用の少し硬めのお豆腐を使いました。

ひき肉
豚肉でも鶏肉でも合挽きでも構いません。お好みのものをお使いください。

ベースの味は、塩+鶏ガラスープ
オイスターソースは、隠し味として加えています(甘味やうま味がUPするので)
オイスターソースが無い場合は、五香粉や山椒などのスパイスを加えてもいいですし、お好みで ほんの少しだけみそや甜麺醤を加えても美味しいですよ。

このレシピのカテゴリー
主菜おかず
キーワード
舞茸えのき豆腐中華オイスターソース

w66

まだ結婚して間もない頃。
ご飯の支度に時間がかかるし、しんどいとき・やる気が出ないとき・時間がないときの保険に・・・
と、豆腐だけ加えたら作れる「麻婆豆腐の素」とか、買い置きしていたのが懐かしいです。

調味料。
「普通に混ぜたら作れるやん!」ってなり、それが、
「自分で作った方が分量も好きに調節できるやん!!肉、増量」ってなり、次はもう少し塩味を強くしようとか、スパイスを加えてみようとか、味が調節できるようになって、今では
「自分で作った方が、美味しいや〜ん」と言う感覚に。

料理は毎日のことだから
作るのが大変なときもありますが…(多々)
「○○の素」をほとんど買わなくなったここ数年。
いつの間にか、麻婆豆腐が一番楽チンなメニューになりました。

あと、牛丼とかたこ焼きかな。
皆さんのおうちの
一番楽チンなメニューは何ですか?