まだまだ、雪が降ったりするので、庭に春撒きの種とか、春植えの苗とか植えられない・・・
と言う事で、家の中で楽しもう作戦。
今回はレシピじゃなくて、ガーデニングの話を少し。
20180218_s07

これ、コップのフチにぶら下がって、コップの水を尻尾から自動吸水出来るタイプの ミニ植木鉢(土&種付きのセット)
Shippon(しっぽん) イヌ クローバー 家庭菜園 キッチン菜園 関東当日便
Shippon(しっぽん) イヌ クローバー 家庭菜園 キッチン菜園 関東当日便
こういうシリーズ、たくさんあります。
ストローが口についているものとか
舌がぺろ~んってなってるものとか
可愛いキャラクターじゃなくても、鉢が二重になっていて 内側に露紙みたいなものがつながっていて、底にためた水から自動吸水出来るものとか。

自動吸水タイプは、頻繁に水やりをしなくて良いっていうメリットがあるんですけど、いまいち うまく育てられない
常に水分がある部分、雑菌がついて ヌルヌルしたり、カビが生えたりします。

ってことで、尻尾は捨てました!

底の部分は、土が流れ出ないように、三角コーナー用のネットをカットして入れて
20180218_s01
土を入れて、多肉植物を植えます。
20180218_s02
多肉植物は、庭で放置している子たちの中から、選抜。
20180218_s00
カットした芽をさしていくだけ。
20180218_s03
出来れば、こうやって↓
20180218_s04
根っこがはえている部分を植えると、より元気になりますよね。
20180218_s06
あとは、上から霧吹きで水をあげるだけ。
やっぱり、乾く→水をあげる方式の方が、ひょろひょろにならないし、元気に育つ気がします。

楽し気に、寄せ植えにしている前で、娘がひとこと
「これ、ちゃんと育つん???」

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
今までも育ててたし!
20160210_g04
リボベジがMAXだった2年前
この時は しっぽもあったけど、上から霧吹きの水をかけていたのと、水が腐らないように 炭スティックをいれてたね。
line01
冬の間は、庭に動きがないけれど
ちゃんと寒肥をまいたりマルチングしたり、何も植えてないところは土を返したりしています。
201802018_03
これは、JUNK SWEET GARDEN TEF*TEFで去年購入した、綾園芸さんのラナンキュラス。
葉が出てくる頃に追肥をあげているので、去年よりもずいぶん株が大きくなりました。

20180219_a01
この手前のも、同じ時に購入したフチンシア・アイスキューブ。
夏越し、うまく出来たので、この春は株分けして増やします。
奥は、挿し木で増やしている薔薇たち。マルチングは、クルミの殻。

201802018_01
ブルーーベリーのマルチングにも、クル殻使ってます。

201802018_04
緑のカーテンもスタンバイ中。
スナップエンドウ、キュウリ、マイクロトマト、ゴーヤーでリレーします。
早く春になって欲しい!


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter