おはようございます。
今日は豚の生姜焼き弁当!!!
20180628_a06
夜に準備したものは特になし。
枝豆の両端をカットして、塩でもみながら洗って水気をふいた状態で冷蔵庫になおしておきました。
あとお好み焼は冷凍ストックしておいたものを解凍。
 
 
朝起きて作ったもの
20180628_a08
1⃣ 豚の生姜焼きをフライパンで作る。
  →味付けは醤油・みりん・酒・砂糖・ジンジャーパウダー・ブラックペパー・塩
2⃣ 枝豆炒め
  →オリーブオイルで炒め、塩・こしょう・オレガノ・マスタードシード・コリアンダーで味付け
3⃣ レンチンにんじん
  →水小さじ1を加えて電子レンジで火を通し、イタリアンドレッシングでマリネ
4⃣ きゅうりの板摺り
  →蛇腹に切り込みを入れ、塩(レモンペパーミックス)をふって板摺り。


冷めたら弁当に詰めます
20180628_a05
冷めたら、あとは順番に詰めるだけ。
今日は、半分以上のおかずが、肉!
にんじんの下も、きゅうりの下も たっぷりの肉!!
さぞかし嬉しいだろう
(作るこっちも楽ちん!)
20180628_a07
 
098e5fc5
器にうつして冷ましている間にフライパンはすぐに洗い、コンロに飛び散った油は温かいうちに布巾でふき取る
にんじんを切って、きゅうりを板摺りしたまな板は、すぐにハイターで除菌漂白です。
おかずを冷ましている間に、キッチンは綺麗に片付ける!!!

当たり前の事なんだけど。
昔はそれが当たり前に出来なかったから、ここはあえて書きます。
(出来る人は、ここはスルーで
それに自分を甘やかして「後でまとめてしよう~」と思ってしまうと、私はアカンタイプです
重い腰がなかなか あがらないし、しんどく感じてしまう。
 
 
新婚の頃は、何を作るにも時間がかかったし、料理が完成したころのキッチン周りは、大変なことになってました。
その都度 片づけつつ、整理整頓しながら料理をするように意識しはじめたころは、ハードルが高くて 大変に感じたけど、それが毎日続くと、いつの間にか 当たり前になる。
人って 素晴らしい
 
 
先日、仕事関連で使う機会があった鍋。
綺麗に洗ってはもらってたんだろうけど、とれない焦げ付きがあったので
20180626_000
1⃣ 沸騰させた湯に重曹を加えて放置→半日後スポンジでゴシゴシ
を2回繰り返して真ん中の状態に。それでも取れない汚れがあったから 今度は
2⃣ 水2:お酢1を入れて弱火にかけ、沸騰したら火を消す→冷めたらスポンジでゴシゴシ
して、ツルピカの綺麗な状態にしました。
  
内側も加工がほどこされているから、亀の子タワシでゴシゴシとかは もちろんNG。
1⃣は肉・魚類などの焦げ付きに、2⃣は野菜類などの焦げ付きに有効な洗い方だそうで。
ネットで検索しまくって、100頁くらい読んでゲットした知識です。
半信半疑で洗ったけど、あまりにも美しくなって びっくらこきまろ。
 
私、いつも弱火~中火調理が多いので、大変な焦げ付きは未経験だったので、ものすごく良い勉強になりました
ちなみに、トースターの焦げ付きに利くのは、セスキ炭酸ソーダ
以前もブログに書いてます→トースターの焦げ付きを完璧に落としたクリーナー
 
汚れも蓄積する前に、すぐ洗うと大変じゃない! 
いつでもすぐに調理に取り掛かれるように、キッチンも調理道具も 常にピカピカで!!!


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter