ツナ缶をつかってそぼろを作ったんですけど、椎茸を刻んで入れてみました。
栄養価もアップするし、お通じもよくなるんですよね。

子どもたちが小さいころ、幼児食に よく 刻んだ椎茸入れたなぁ~~~なんて懐かしい。
20170107_a02
乾椎茸のだし&うまみのパワーで
ツナだけで作るよりも美味しい気がします!!


椎茸入りツナそぼろ

材料:4人分(作りやすい分量)
・ツナ缶(まぐろ油漬けフレーク) --- 1缶70g
・乾椎茸 --- 3枚
・乾椎茸の戻し汁 --- 大さじ2
・醤油 --- 小さじ1
・酒 --- 小さじ1
・味噌 --- 小さじ1
・砂糖 --- 小さじ1/2

1.乾椎茸は水につけて冷蔵庫で柔らかくなるまで戻します。
それを粗みじん切りにし、味噌以外の材料をすべて鍋に入れて弱火にかけます。
20170107_a01
2.混ぜながら煮汁がなくなるまで煮込み、最後に味噌を加えて炒りつけます。

finger-icon05_r1_c5乾椎茸は、こうしんなどの薄いものは5時間。どんこなどの肉厚なものは10時間。冷蔵庫(5℃くらい)でじっくり戻した時に うまみが一番良く出ます。 
ほししいたけ
「乾」がついたものは、原木で栽培した椎茸を乾燥させたもの。
椎茸の袋にも必ず記載されてます。

こんな感じの大きな機械で乾燥させて
20160327_t08
こんなふるいにかけて選別するんです。
20160327_t06
と言う、去年 しいたけのほだ場(作っている場所)を見学させて頂いた時の記事はこちらです。
宮崎県産原木乾しいたけ~ほだ場取材
 
その美味しい宮崎の食材をふんだんに使ったお料理教室が1月24日にありまして、締切は明後日です。
お近くの方はぜひどうぞ
乾しいたけ&宮崎やさい簡単料理教室のお知らせ