昨日茹でたそうめんかぼちゃを活用して、七夕そうめん風にしてみました。
20170705_01
七夕に合わせて毎年★のきゅうりを作っているので、今年も間に合いました。
星の形のキュウリをプランター(鉢)で作ろう!
 
プランターで育てているので、朝も夕方も お水をたっぷりあげないといけないんですよね・・・ 
なるべく水枯れしないように育てないと、きゅうりがまっすぐ育たないのですが、庭に出ると蚊がものすごい勢いで飛んでくるんですよね。
・O型
・体温が高い
・色黒
などなど数々の条件を兼ね備えているので、毎回 蚊の餌食に
痒くならなかったらいいのにな(なわけない)
  
 
今回の、そうめん風。
つけダレは、鯛のほぐし身入りの冷や汁(市販品)
麺はそうめんかぼちゃでヘルシーだし、つけダレは冷や汁で栄養満点!!
20170705_03
宮崎空港ビル内の夢かぐらの料理長が監修した冷や汁で、お土産屋さんに並んでいます。
今までいろいろな所で食べたこともあるし、自分で作ったりもしてみたけれど、密かにこれが一番美味しい気がします。
気がする程度じゃなくて、やっぱり全然違う。
 
今日、初めて裏面の原材料名を見ました(笑
 
麦すり味噌・鯛・ごま・カシューナッツ・発酵調味料・白だし・砂糖・しょうゆ・かつお節エキス・昆布エキス・サバ節粉末・かつお節粉末・いりこ粉末
あとは、保存期間を長くするために入ってるであろういろいろなものたちが記載されてました。

今度作るときは、麦すり味噌とかとか カシューナッツとか。
そこらへんが課題だわ。 
  
 
なんちゃって冷や汁、1人分だったら、
・鮭フレークやツナなどの魚 大さじ1
・味噌 小さじ1
・生姜(すりおろしたもの)、ごま 適宜
をすりこぎで混ぜながら冷水100mlと混ぜて、大葉・きゅうりなどを足すと作れます。

 
20170705_02
 
いつから、七夕=そうめんって言うようになったんでしょうね。
なんだか不思議。 

毎年、7月7日は 曇り空だったり、雨だったり。
それもそのはず。
梅雨ですもんね。

七夕の風習は中国から伝わったもので、太陰太陽暦の7月7日です。
日本では、明治6年(1873年)に改暦がありました。
そこから、西洋式の太陽暦を使うようになったから、本来の七夕よりも一か月も早い時期に祝う行事となってしまいました。

もともとの太陰太陽暦の七夕の日(伝統的七夕)
今年2017年は8月28日!
この日の宵空には、上弦の前の半月上の月が浮かび、織姫星(ベガ)や彦星(アルタイル)も空高くにのぼっています。

月の舟に乗り、織姫は彦星に逢いに行く♪
伝統的七夕の日も、夜空を見上げてみよう~



にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
  
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。 
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」 のリンクをクリックすると登録完了。よかったら登録してやってください