めんつゆを使って簡単に作る、 牛肉と水菜のスープ のレシピです。
春雨を加えてボリュームアップ!
関西で言うところの、「肉吸い」のような感じで、カツオのきいただし(←めんつゆ使用だけど)と牛肉の味わいが、後を引くおいしさ。
これをスープジャーで1人分だけささっと作るレシピを紹介します。
だしを自分でとる場合は、カツオ出汁がおすすめ。他には、白だしや、うどんスープの素を使っても構いません。
20191007_w07

詳しい作り方

・スープジャーに分量の熱湯を入れ温めておきます(←このお湯を調理にも使います)
 今回は240ml(300mlのスープジャー)
・牛薄切り肉 50g
・カットした春雨 6g
・カットした水菜 5g
・めんつゆ 大さじ1 を使います。
20191007_w01
春雨や水菜は、ハサミでカット。
めんつゆは4倍濃縮のものを使いましたが、ちょっと味は濃いめ。3倍濃縮のものを大さじ1でも構いません。カツオだしで作る場合は、醤油・みりん・塩で味を整えてください。

20191007_w02
鍋に油(小さじ1ほど、レシピ分量外)を入れて中火にかけ、牛肉を炒めます。

20191007_w03
そこにスープジャーに入れておいた熱湯を入れて、強火にかけます。沸騰するとアクが中心に集まるので、すくってください。

20191007_w04
めんつゆを加えて、味をみます。

煮立ててアクを取理 めんつゆを加える時間は2分ほどでしょうか。その間、予熱したスープジャーが冷めるので手早く作ってくださいね。

20191007_w00
春雨と水菜を入れて、鍋のスープを注いだら完成です。

春雨は熱湯5分ほどで戻るので、それ以降に食べれば柔らかくなっています。
真冬などの寒い時期は、春雨や水菜などの具も、熱湯で煮込んだ方が、スープの温度が高くなると思います。あと、軽くとろみをつけても構いません。お好みでどうぞ。

スープジャーにちょうどのお湯を準備しておき、そこに具を加えると その分 体積が増えますが、アクを取る際 沸騰させていて蒸発するので、差し引きゼロ。ちょうど良い分量になると思います。
塾にいく前の娘のスープになりました。

20191007_w08

牛肉と春雨のスープ

材料:1人分
調理時間:6分

  • 熱湯 240ml
  • 牛薄切り肉50g
  • 春雨 6g
  • 水菜 5g
  • めんつゆ(3〜4倍濃縮タイプ) 大さじ1

作り方

  1. スープジャーに熱湯を入れて温める。春雨と水菜はハサミでカットする。
  2. 鍋に油(分量外)を入れて中火にかけ、牛肉を炒める。
  3. スープジャーの熱湯を加えて強火にあげ、沸騰させてアクを取り除く。めんつゆを加える。
  4. スープジャーに、春雨・水菜・③を入れる。

Point

  1. 工程③で、スープとしてちょうど良い味に整えてください。めんつゆの他に、白だしやスープの素などで代用しても構いません。
  2. 春雨は熱湯5分で柔らかくなるので、一緒に煮込まなくても 食べる頃にはしっかり火が取っています。真冬など気温が低いときは全ての材料に火を通している方が、スープの温度が高くなります。お好みでどうぞ。



ちなみに、保温タイプのお弁当箱の場合も。
熱湯で事前に温めておくと、温度がより高くなりますよ〜