レシピをブログに書くのが久しぶりな気分です。
昨日は力尽きて21時には就寝したのですが(お弁当は、テスト期間中につきお休み)、朝もスッキリ起きれず。
いつものウォーキングもお休み。
気を紛らわせるために、お味噌作りの準備をしたりパンを焼いたり。
あれだけ昨晩から休ませて回復させたはずの体力は、すでに尽きそうです(←
枯れない体力が欲しいです。
 
  
今日の1品。
調味料、すごく少ないけど、味わい深い1品ですよ~
20190227_a03
花粉症、例年の3倍!とか、例年の5.5倍!とか聞きますが・・・
毎年増えるの、やめてほしいな・・・
 
 
冷蔵庫に残っていた ごぼうと、えのきたけと、ベーコンを無水で重ね煮にしてスープにしようと思ったんだけど、やっぱりやめて(やめたんか~~いw)
20190227_a01
みりん大さじ1だけを加えて、フタをして弱火で10分加熱。
20190227_a02
えのきたけから、結構水分が出てくるんですよね。
 
そこに、ジンジャー<パウダー>と、うすくち醤油を大さじ1/2加えて、2,3分炒めただけ。
 
  • みりん大さじ1
  • うすくち醤油大さじ1/2
  • ジンジャー<パウダー>3振り

だけなのに、ごぼうの風味とか、ベーコンの塩気で、満足のある副菜が完成です。

20190227_a04
スープにしてもよかったんだけど・・・
おかずにすると、お弁当にも入れられる


ジンジャー
3000年も前から熱帯で栽培されてきた、歴史の古いスパイスのひとつです。
パウダー状のジンジャーは常備していると何かと料理に使えますよ。
生の生姜よりも、身体を温める効果が期待できるそう。


ごぼうとベーコンの炒り煮

材料:4人分
調理時間:15分

  • ごぼう 1本
  • えのきたけ 1/2袋
  • 薄切りベーコン 2枚
  • みりん 大さじ1
  • 【A】うすくち醤油 大さじ1/2
  • 【A】GABANジンジャー<パウダー> 3振り

作り方

  1. ごぼうは皮をきれいに洗い、ささがきにする。えのきたけは3cm長さに切る。薄切りベーコンは1cm幅に切る。
  2. 鍋に、えのきたけ・ごぼう・薄切りベーコンの順に重ねて入れ、みりんをかける。フタをして弱火で10分加熱する。
  3. フタを開け、【A】を加えて2~3分炒める。

ベーコンの塩気を考えて、醤油は少な目にしています。
無水鍋ではなく、普通のステンレスの鍋を使用しています。火加減が一番弱いコンロで、じっくり火を通してください。


あったか料理レシピ
あったか料理レシピ  スパイスレシピ検索

2018年度もスパイス大使として、1年間お世話になりました。
スパイス・・・ 料理に少し加えるだけで、風味や香りがよくなったり、効能が期待できたり。
こういう料理に使ってみよう!
次は、あの料理にも加えてみよう!!
って、料理を愉しむ きっかけに なったりも しています。

レシピブログ内で、2019年度のスパイス大使を募集中です。
3月13日(水)12:00まで
レシピブログの登録ブロガーの方はこちらから
お料理インスタグラマーさんはこちら
よかったら、みなさんもぜひ
 
 

kit21
メニューに困ったら、食材別レシピ一覧をご活用ください。
スパイス大使関連の記事一覧はこちらから
 
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓