今日買い出しに行くと、お野菜がやたらお値段高くなってた~~~のと、お正月お節用の食材がちらほら目立ちました。
11月も12月もあっという間に過ぎそうですね。
今日は、生助子を、糸こんにゃくと一緒に煮込みました。
見た目は地味なんですけど、こういう副菜、好きだったりします。

20171108_05

工程写真、細かく撮ったんですけど、特にコツもないから省略。
にんじん・うすあげ・えのきなど、ありあわせの材料と

20171108_01

長ねぎ・糸こんにゃく(←下茹でしなくて良いもの)を炒め合わせた後、調味料を加えて 生助子を加えて煮込んだだけ。

20171108_04

水100ml
酒大さじ1・みりん大さじ1
砂糖小さじ1・薄口醤油大さじ1.5・塩ひとつまみを強めの中火で煮込みました。
煮汁がほとんどなくなる時に味見をすると、少し物足りなく感じたので、豆板醤・味噌を溶き入れました。

20171108_06
結構濃い目に作ったつもりなんですけど、糸こんにゃくとか他の食材もたくさん入っているので、優しい味かな。
4人分で食べても、2日くらいかかりそうな分量です。

糸こんにゃく、大袋の方を買わなくてよかった(笑



生助子と糸こんにゃくの旨煮

材料:4人分~(作りやすい分量)
調理時間:15分

・生助子 --- 2腹(300g)
・にんじん --- 1/2本
・うすあげ --- 1枚
・えのきだけ --- 1/2袋(50g)
・長ねぎ --- 1/2本
・糸こんにゃく --- 200g
【A】酒、みりん --- 各大さじ1
【A】砂糖 --- 小さじ1
【A】薄口醤油 --- 大さじ1.5
【A】塩 --- ひとつまみ
【B】豆板醤 --- 小さじ1/2
【B】味噌 --- 大さじ1
・こめ油 --- 小さじ1

1.生助子は2cm幅、他の材料も食べやすい大きさに切ります。
2.フライパンにこめ油を入れて強めの中火にかけ、生助子以外の材料を炒め合わせます。
油が回った所で【A】・水100ml・生助子を加え、時々混ぜながら煮込みます。
3.煮汁が少なくなった所で【B】を加えて全体を混ぜたら完成。
finger-icon05_r1_c5 調味料は合わせておかなくても順番に加えながら煮込んでいって構いません。

トップの写真の器2杯半分作れました。
分量は4人分にしておりますが分量が多いので、人数に合わせて加減してください。
flower02_17flower02_16flower02_15

20171108_07

とりあえず、隙間時間に作っていたおかずたち。
セロリときゅうりのめんつゆ漬けと、ポークビーンズ。

寝ている時に、無意識のうちに舌を噛んでいるのか・・・
起きている時、しゃべっている時、食べている時、舌が痛いです

今までこんな事なかったのになぁ~~~
よし、今日は
舌を噛まないように意識しながら寝てみよう!


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINETwitter