薄めにスライスしたフランスパンで、ラスクを作りました。
食べたい時に、パッと作れるのもいいですね。
20170831_09

今回使用したのは、こちら。
お気に入り。
神戸屋さんのフランスパン。
20170831_03
8mmほどの薄さにカットして天板に並べたものを 120℃のオーブンで15分焼いて乾燥させます。
乾燥させるだけで焼き色をつけるわけじゃないので下段に入れました。
20170831_04
そのあとに、バターを塗って グラニュー糖や粉糖をパラパラっとして、160℃のオーブンで10分焼きました。
ほんのり焼き色をつけたかったので、上段に入れました。
20170831_06
 
本当は、100℃以下のオーブンで30分ほど焼いてしっかり乾燥させ、溶かしたバターの上澄みをぬります。
バターって水分が含まれているので、溶かすと下の方に水がたまります。
日持ちのする、より カリッとしたラスクを作る時は、溶かしたバターの上澄みを塗るとよいです。
ま、でも、今日は 簡単バージョンで  
   
  
あと、コーティング用のチョコレート(バータグラッセ・ストロベリー)が残っていたので、それも使ってみたりして。
20170831_07

庭いじりの後の、おやつはラスク&苦いコーヒーでした。
20170831_08
カリッカリ。
安定のおいしさ&簡単さ。
「今度のバレンタインこれにするわ!」って娘が言うてました。
前回は、オランジェットと メレンゲショコラで手間暇かかりまくり大会だったからね。
それにしても・・・
まだまだ先やん
 


ラスク

材料:4人分
・フランスパン ---2/3本
・バター --- 30g
・グラニュー糖 --- 小さじ2
・粉糖 --- 適量
・コーティング用チョコレート --- 適量

1.フランスパンは8mmの厚さに切ります。
2.フランスパンを、重ならないように天板に並べ、 120℃に温めたオーブン下段で15分焼きます。
3.バターをぬって、グラニュー糖・粉糖をふり、オーブンの温度を160℃にあげて、上段10分焼きます。 お好みで、湯せんで溶かしたコーティング用チョコレートをぬります。

finger-icon05_r1_c5※日持ちさせたい場合は、100℃以下30分ほど乾燥させた後、溶かしバターの上澄みを塗って、砂糖をのせて焼いてください。

  flower02_15
この前、クワクサ(←大葉と勘違いした雑草)を引っこ抜いた後、あまりにも ガラーンとした土の部分を見て・・・
植えたくなっちゃうよね。

薔薇。
挿し木しちゃった
20170831_01
咲いたらこの花です↓
コルダナ3種と若菜。
20170831_00
この絶妙な色合いが大好きで・・・
もっともっと増やしたくて。

まだまだ暑い日が続くから挿し木には向かないんだけどね
去年もこの残暑きびしい中 挿し木して、成功したのよね。

その成功して、梅雨時に花が咲いた株を、この夏に3,4つダメにしてしまったんだけど、挿し木株が1年でどれくらいのボリュームになるのかもわかったし、大株は元気だから、いくらでも挿し木にチャレンジできる!


水やりがんばろう。
去年よりもうまく育てよう。



にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINETwitter