もう8月やーん!
夏もそろそろ終わり!?(なわけないっ)
 
灼熱キッチンで、頑張れる気にもなれず
手間をかけずにパパッと出来て、お腹も大満足なおかずってなんだろう・・・と思い、今日は定番のこれを作りました。
20170801_09
肉じゃが
鶏肉バージョンです。

20170801_01
CA貯蔵(空気中の成分を調整した庫内で保存)されて、じゃがいものデンプン質が糖に変わっている よくねたいも の「ひかる」と言う品種で作りました。

お鍋でコトコトする元気がなかったので、フライパンで炒めて・・・(特に鶏肉は、焼き色がつくくらいしっかり)
20170801_03
圧力鍋に、煮汁の味をしっかり調えてから
20170801_04
そこに、炒めた材料を入れました。
途中でフタを開けてあく抜き出来ない分、しっかり炒めておきます。(アクが気になる素材は、下茹でしたりしてもOK)
20170801_05
別のフライパンで炒める必要って全くなくて、圧力鍋にサラダ油を入れてそこで炒めたらいいんですよ。(無水鍋もホーロー鍋も圧力鍋も、過保護気味に使用しております・・・笑)
20170801_06
フタをセットして強火で加熱します。
圧力がかかりだしたら弱火にして、2分加圧しました。
だし汁200ml+調味料+材料を強火にかけるだけなので、沸騰して圧力がかかりだすまで、あっと言う間。
 
寒い冬にシチュー作ったりもしますけど・・・どちらかと言うと、夏の方が、我が家では圧力鍋の使用率があがります。
あと、予定が詰まって料理に手がかけられない時とかねっ。
20170801_07
煮崩れる一歩手前で 火が通っていて完璧!!!
ここで、まだ火が通ってなくても、まだ煮込めばいいだけです。
 
20170801_08
ごくごく普通の肉じゃがなんですけどね。
いやぁ、楽ちんでした。


鶏肉じゃが

材料:4人分
加圧時間:2分(140kPa超高圧力鍋使用)

・じゃがいも --- 3個(480g)
・にんじん --- 1本
・玉ねぎ --- 1玉
・鶏肉 --- 1枚(200g)
【A】だし汁(かつお) --- 200ml
【A】砂糖 --- 大さじ1
【A】薄口醤油 --- 大さじ1
【A】みりん --- 大さじ1 

1.野菜類は皮をむいてから、じゃがいもは大きめに、にんじんは乱切りに、玉ねぎはくし切りにします。鶏肉はひと口大にそぎ切りにします。
フライパンにサラダ油(分量外)を入れて強火にかけ、材料に焼き色がつくよう炒めます。
2.圧力鍋に【A】を入れて火にかけ(砂糖を溶かし)、味を調整します。
3.②に①を入れてフタをセットし、強火にかけます。圧力がかかりだしたら弱火にして、2分加圧し火を止めます。
finger-icon05_r1_c5材料を炒める時は、鶏肉から炒めて焼き色をつけてください。(野菜は焼き色をつける必要はありません)
 
圧力が抜けたらフタを開けて盛り付けてください。(写真は三つ葉を添えています)
お持ちの圧力鍋が普通圧の場合は、加圧時間を少し長めに取って調節してください。
薄口醤油がない場合は、普通の醤油で代用しても構いません。
(薄口醤油の方が塩分が多いので、醤油の場合は塩を加えて調味してください~)  
kit21
あまったら明日のお昼ごはんに持ち越そう!と思って、気持ち多めに作ったのに、全くあまらなかったわ・・・
20170801_10
じゃがいもが、美味しかったな~
シンプルな簡単献立でした。


使用している圧力鍋は、ワンダーシェフ社の、【あなたとわたしの圧力魔法鍋】と言う家庭用の超高圧力鍋です。
5.5Lのものを使っているので、普段使いとして 素麺茹でたり、パスタ茹でたりするのにも重宝しています(笑


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
  
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。 
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」 のリンクをクリックすると登録完了。よかったら登録してやってください。