先日、お弁当に入れていたエビチリのレシピです。
特別な調味料は、特に使っておらず。
大体、毎回 この配合で作っています。
エビチリ
辛さは豆板醤で調整してくださいね。
お弁当に入れたので、にんにくや生姜は入れてませんが、もちろん、にんにくや生姜を入れて作ると、絶品!

長ねぎがなかったので玉ねぎで作っていますが、長ねぎをみじん切りしてもいいですし。
もう少し、水分を増やしてとろみを柔らかくして、卵を加えるとマイルドに感じますし、これをベースにいろいろアレンジしてみてください。


この記事の目次
  1. 材料・分量
  2. くわしい作り方

豆板醤とケチャップで作る【定番のエビチリ】

材料・分量
2〜3人分 15分

えび1パック(約400g)

(えび掃除用 片栗粉大さじ1)

(えび衣用 片栗粉)小さじ2

玉ねぎ1/2玉

大さじ1

豆板醤小さじ1

【A】トマトケチャップ大さじ3

【A】水大さじ3

【A】酢大さじ1

【A】鶏がらスープの素小さじ1弱

【A】醤油小さじ1

ブラックペパー、ねぎあればお好みで

代用食材
・玉ねぎ→長ねぎでも構いません
・鶏ガラスープの素→オイスターソースの素などの中華系の調味料

くわしい作り方

  1. 下ごしらえする。
    えびは殻を剥いて背ワタを取り、片栗粉で軽く揉みます。
    水が透明になるまで流水で洗い、キッチンペーパーで水気をとります。
    Collage_Fotora01
  2. 衣をつける。
    炒めた時に、えびの食感を良くするために、片栗粉で衣をつけます。
    ポリ袋えび・片栗粉を入れ、空気を含ませるようにして振ると簡単です。
    Collage_Fotora02
  3. フライパンで炒める。
    玉ねぎは皮を剥いて、くし切りにします。
    フライパンを入れて中火で温め、豆板醤・玉ねぎを炒めます。
    Collage_Fotora03
  4. 調味料を加える。
    えびを加えて、2〜3分炒めます。えびの色が変わってきたら【A】を加えます。
    水っぽさがなくなり、全体に馴染むまで、1〜2分炒めます。
    Collage_Fotora04
  5. 器に盛り付けたら、お好みで、ブラックペパーを振ったり、ねぎを散らしてください。

片栗粉
えびに片栗粉を振ってから炒めているので、調味料を加えたあと、自然なとろみがつきます。
とろみ加減が少ない場合は、お好みで水時片栗粉を加えて、しっかりとろみがつくように調整してください。

えびの殻
お弁当にいれるので、えびの殻は全て取り除いております。
尻尾の部分を残す場合は、尻尾の先を切りそろえるなどすると良いでしょう。



使用しているフライパン
ワンダーシェフ  LARAMIE(ララミー)24cm




定番のエビチリ
以前、市販のエビチリの素を買った時に、やっぱり、豆板醤やケチャップで作るいつものエビチリの方が美味しいよね〜っていう話になりました。

調味料を合わせるだけですし、ぜひ作ってみてくださいね。

t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu