えびとベビーホタテ入りのカツを作りました。
スーパーの冷凍コーナーで、衣をつけた状態で売っていたので・・・自分で作った方が、えびや帆立の食感を残したまま、好きに作れるな〜と思いまして。

粗く刻んだおかげで、えびと帆立の食感や味わいも残り。
つなぎは、はんぺんを使っているので、少しコスパが良くなりました。

丸めたタネ。
マヨネーズやはんぺんのおかげで、ペタペタくっつくので、もしや卵液とか バッター液が なくても パン粉付くんじゃないかな〜と、そのまま付けてみたら、問題なく きれいに付きました。
えび&帆立のカツ
衣をつけた状態で冷凍保存する場合なら、薄力粉+卵液や バッター液などがあった方が良いかな〜と思いますが、揚げたてをすぐに食べる場合なら、特に変わりはないかも。


この記事の目次
  1. 材料・分量
  2. くわしい作り方

えび&帆立のカツ

材料・分量
6〜7cm 8個分

えび1パック(240g)

ベビー帆立1パック(160g)

はんぺん1袋(90g)

【A】マヨネーズ大さじ1.5

【A】片栗粉大さじ1

【A】塩、ホワイトペパー各少々

パン粉適量

揚げ油適量

売っているパックによってグラム数が違うので、
参考程度にグラム数を載せておりますが、
分量は少々前後しても構いません。

ベビー帆立はボイル済みの生食用のものを使用
お好みで帆立貝柱でも構いません。


くわしい作り方

  1. 材料を下ごしらえする
    えびは殻をむいて背わたをとり、ベビー帆立と共に、粗く刻む。
    はんぺんは袋の外側から揉んでつぶす。
    ボウルに、えび・ベビー帆立・【A】をいれる。
    b01
  2. 混ぜて丸める
    ゴムベラなどでしっかりと混ぜ、タネを8等分する。
    空気を抜くように丸く成形し、火が通りやすいよう平たくする。
    b02
  3. パン粉をつける
    ②にパン粉をつける。
    タネにしっかり付くよう押さえると良い。
    b03
  4. 揚げる
    175℃に温めた揚げ油でカリっと揚げる。
    4〜5分揚げて浮いてきたら完成(途中で一度、上下を返す)
    b04

つなぎ
はんぺんは、しっかりつぶしてください。
しっかりつぶしておかないと、粗刻みのえび・帆立が、まとまりにくくなります。

つなぎの卵の代わりにマヨネーズを使っています。
はんぺんとマヨネーズのおかげで、バッター液がなくても、パン粉がまとわります。

柔らかくてまとまりにくい場合は、冷蔵庫で30分ほどタネを冷やすか、片栗粉を増やしてみてください。


えびの下ごしらえ
えびは殻をむいたあと、ひと手間。
片栗粉+塩を揉み込んだ後、流水で水が透明になるまで洗うと、ぬめりも汚れもきれいに取れて、プリプリ食感になりますよ。
お好みでどうぞ。


えびが大好きで、海老カツや エビチリ、えびマヨ。良く作ります。
せっかく作るなら、少しでも美味しく作りたい!ので、エビの丁寧な下ごしらえはしておいた方が個体値が上がる気がします。
(ほぼ自己満足の世界ですが)

以前、のんびり夫婦の日常ふじさきsanが、エビチリを作れぽしてくださった時に、下ごしらえ有りで、丁寧に作ってくださいました。

記事に私がイラストで登場しているんです。
めちゃくちゃ嬉しい雰囲気そっくりすぎるって、密かに好評です。
よかったらご覧ください。
と言うか、見て!すごいよね!!

えび好きな私の、一押しえびレシピ一覧は、こちらからご覧いただけます。


オーロラソースとタルタルソースを混ぜ合わせたようなソースで、いただきました。
このソース、具沢山で美味しかったので、近いうちにレシピUPします!

えびとか帆立のカツなら、白ワインでしょ〜ってところですが。
ボジョレーの赤(赤しか買ってなかった
辛口なはずなのにフルーティーですっきりな味わいでした
えび&帆立のカツ hspace=
あまりにも美味しすぎて。
4人で8個は全く足りない件 

t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu