ぽかぽかびよりは、レシピがメインのブログなのですが、狭い庭で色々育てておりまして。写真が溜まってきたので、ここ最近の庭を紹介します。


芽キャベツとケールの交配種、プチヴェール。
さほど気にならない苦味で、塩茹でして食べるので、お弁当にもちょうど良く植えましたが、ちょうど高校生弁当がお休みになる3月に、実っていました。
IMG_0360IMG_0733
冬まではモンシロチョウの幼虫の食葉になり(←我が家、爬虫類を飼育しているので、ちょうど良い餌になります)、冬の間はヒヨドリが葉っぱをついばみに来ます。


宮崎県の綾園芸さん産出の地植えラナンキュラス ラックス "アリアドネ"
IMG_0993 IMG_0995
育て始めて4回目の春になるんです。
地植えのままでも良いのですが、庭と言うよりは、ちょっと土のスペースがあるだけのスペースなので、毎シーズン掘り起こしては、あっちに植えたりこっちに植えたりレイアウトを変えたいんです。


と言うわけで、花が終わったら礼肥をあげ、梅雨の時期に掘り起こして日陰で乾かしておき、晩秋に植えています。

そのときに、この もじゃもじゃの球根を分けるだけで、見事に増えます。

この冬はあまりにも寒く、雪が降ったり気温が低かったりで、霜枯れしてしまい、急いでビニールをかけました。なんとか咲いてくれてよかった!(葉先が枯れているのは、多分霜枯れのあと)
IMG_1133
花期も長く、切り花としてお部屋に飾るのもぴったりなので、手前の方は、ちょっとカットしています。

育てていて気になるのは、外葉が広がって土にかぶさるのですが その下にナメクジが来ることと、ハモグリバエが発生したら葉っぱが汚くなることくらいで、その他の虫は、今までついたことがありません。


こちらのお店をCHECKして、時々ポチります。


球根のフリージアは、ムスカリと寄せ植え。
黄色と紫の対比が綺麗になるはず〜!と思い、ムスカリの葉が伸びすぎないように、水を控えめに育てていたのですが・・・

ムスカリが先に咲いて、枯れかけた頃にフリージアが咲きました。
IMG_1027
一斉には咲いてくれなかったわ・・・


こちらは、こぼれ種で、あちこちに芽を出していたザルジアンスキア。ナイトフロックスとか、ムーンライトフレグランスと呼ばれていて、品種改良された園芸種も出回っているのですがこちらは、原種。

移植して、端っこにまとめました。
IMG_1028
もうすぐ花が咲いたら、また記事にしますが、ムスクとバニラを足したような 存在感のある良い香りなんです。

花が小さいので、種も小さく。種が小さいので発芽した葉もすごく細かく、育てるのは大変だと思っていたのですが・・・花が終わった後も、そのまま放置しておけば、勝手に種が飛んで発芽してくれることに気がつきました。


2月くらいに買い足したつくし(スギナ)。つくしを食べれるようになるのは何年後かしら。
IMG_1131
植えたプランターの土に、大葉の種が混ざっていたようで、大葉がニョキニョキ生えてきました。小さいうちに移植した方が良さそう・・・


また、写真が溜まったら、ログで残しておきます。