瀬戸プレスフーズ様より玄米フレークをいただいたので、

  • 調理工程が少なく
  • できるだけ身近にある材料で
  • 誰でも作れる簡単なレシピ
しかも、美味しさを求めたレシピを考えてみました。

玄米フレークって何?って話ですが
広島県産玄米を特殊製法で瞬時に焼き上げ、フレーク状にしたものです。
甘酒もおかゆも簡単に作れる玄米フレーク
お湯をかけて30秒でお粥になります。
栄養もたっぷりで、お粥だけでなく、変わり衣としても使用できます。

 

瀬戸プレスフーズ

パッケージにも載っているのですが、この PRE+玄米や、PRE+黒米に、米麹を混ぜるだけで簡単甘酒ができます。

いただいたパンフレットに記載されていたのですが、これで作ると、一般的に市販されている白米甘酒には含まれない栄養素、γ-オリザノールが入っています。また、白米甘酒よりも、フェルラ酸が30%多く含まれています。

γ-オリザノール:血中の脂質、コレステロールの吸収を抑え、皮膚の調理を整える効果、紫外線を防ぐ効果、メラニンの生成を抑制する高い美白効果が期待され若返りのビタミンと言われています。

フェルラ酸:ポリフェノールの一種、抗酸化作用を持つ。
紫外線吸収、メラニン生成の抑制効果により美白・美容作用。最近では軽度のアルツハイマー病の症状改善についても注目されています。

で、私は
鍋で 鶏ハムを作って、その茹で汁で戻し、海南鶏飯にしました。
ブログ2
お粥って、調子が悪い時だけじゃなくて、朝ごはんやランチにも もっと取り入れてよいと思うんです。体のために。

①むね肉を茹でて
②その茹で汁で、玄米フレークを戻すだけ
の簡単レシピになっています。
こんな風に作れるのね!って言う感じで、見ていただければ嬉しいです。


この記事の目次
  1. 材料・分量
  2. くわしい作り方
  3. 関連レシピ

玄米フレークで作る海南鶏飯

材料・分量
1人分

鶏むね肉1枚

【A】砂糖小さじ2

【A】塩小さじ2

【A】こしょう少々

長ねぎ(緑の部分)少々

焼き玄米フレーク大さじ6

茹で汁320ml

鶏ハムは、作りやすいよう むね肉1枚を使っています。
海南鶏飯に使うのは5枚ほどです。
残ったものは、冷蔵庫で保管し、早めにお召し上がりください。


くわしい作り方

  1. むね肉に下味をつける
    むね肉は、皮や黄色い脂の部分を取り除きます。
    ポリ袋に、むね肉・【A】を入れてもみ込み30分ほどおきます。
    Collage_Fotor01

  2. むね肉を茹でる
    水500ml・長ねぎ(緑の部分)を入れて強火にかけます。
    沸騰したら①のむね肉を入れ、弱火にしフタをして15分茹でます。
    Collage_Fotor02

  3. 焼き玄米フレークを戻す
    ボウル焼き玄米フレークを入れ、②の茹で汁を加えます。
    さっと混ぜてお好みの固さに戻してください。
    Collage_Fotor03

  4. 器に盛り付ける
    ②の茹で鶏をスライスし5枚ほど使います。
    皿に、茹で鶏・③の玄米を盛り付けます。
    お好みでサラダ(分量外)・フライドオニオンなどを添えても構いません。

焼き玄米フレークの戻し方
熱湯をかけて混ぜ、30秒以上待ってください。
お湯で戻したものに 調味料で味付けするよりも、味のついた茹で汁で戻す方が 美味しくなりました。お試しくださいね。

味付け
味付けは、焼き玄米フレークの、甘さと香ばしさが楽しめるように、極力薄味にしております。
もっと濃くしたい場合は、ごま油・オイスターソース・醤油を小さじ1弱ずつ混ぜたものをドレッシングの代わりにして、かけてみてください。

ブログ1

t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu