11月13日のお弁当の時に書きましたが、レシピとして残しておきます。

唐揚げの 調味料がよくしみる裏技
→いつもの漬け込みの調味料に、レモンの絞り汁を加える

これは、レモンに含まれるクエン酸の働き。
クエン酸の作用で、肉の筋繊維がゆるみ、中まで調味料がしみこむようになる仕組みです。

もも肉2枚に対して、レモンを絞って大さじ1くらい加えました。
いやぁ、もう、ジュワッと絶品な唐揚げの完成です!
レモンを絞るだけで良いんですよ!!!
唐揚げ
エビデンスは何??って話ですが、この裏技はテレビからゲット。
(普段テレビはほとんど見ないですが)
料理家のあつみん(渥美まゆ美)sanが出演されたときに録画して見たんです。

レモン汁を加えたものとそうじゃないもので、どれだけもも肉に調味料が染みこみ、グラム数が変わるかの実験など。あつみんさんが ブログに残してくださっているので、気になる方はこちらからご覧ください。

日テレ「ZIP」レモンを科学する


この記事の目次
  1. 材料・分量
  2. くわしい作り方
  3. 関連リンク


材料・分量
もも肉2枚分

会津地鶏もも肉2枚

【A】醤油大さじ2

【A】酒大さじ1

【A】レモン汁大さじ1

【A】塩、こしょう少々

【A】ガーリックパウダー少々

片栗粉大さじ3〜4

揚げ油適量


くわしい作り方

  1. 調味料に30分漬け込む
    会津地鶏もも肉は食べやすい大きさに切ってください(1枚8等分くらい)
    ポリ袋に会津地鶏もも肉と【A】を入れて揉み30分置きます。
    Collage_Fotora01
  2. 水けを拭き取り、衣をつける
    ペーパータオルでしっかり水けを拭き取ります。
    片栗粉を薄くまぶします。
    Collage_Fotora02
  3. 油で揚げる
    180℃に熱したで、カラッと揚げてください。
    二度揚げして余熱で火を通すと、よりジューシーに仕上がります。
    Collage_Fotora03

ペーパータオル
調味料は、中にしっかりしみているので、周りの水けはきっちり拭き取ってください。
その方が衣(片栗粉)が薄く付いて、ひつこくなりません。

クエン酸の効果、絶大です。
ちなみに、他にもクエン酸を含む食品はありますが、クエン酸量が
・梅 約1.6%〜4%
・パイナップル 約0.51~0/85%
・レモン 約6~7%
なので、レモンが一番良いですね。

ちなみに、ポッカレモンのクエン酸量を計算したら6.3%で、フレッシュなレモンの分量と変わりませんでした。

味染みが良くなる裏技で作った美味しい唐揚げレシピ

どれだけ唐揚げ好きやねん!っていうくらい、作っています

ブログ内を検索しても、過去に唐揚げレシピをいくつかUPしております。
調味料に、ヨーグルトを混ぜたり、フルーツを混ぜたり、糀などの発酵調味料を使ったり。

乳製品は乳酸が筋繊維をほぐして肉質を柔らかく。
フルーツの酵素はタンパク質を分解する働きがあるので柔らかく。
糀の場合は、菌が繁殖する時に生産する酵素の働きで、デンプンが糖に分解され甘みになり、タンパク質がアミノ酸に分解されうま味になり、脂肪が分解されて脂っこさやくせが減ります。

その時に食べたい味や、家にある調味料で、うまく作り分けてみてくださいね。
いろいろ楽しむから飽きず、また1〜2週間したら食べたくなるのかしら…


関連リンク

今回使った鶏もも肉。
福島クッキングアンバサダーの活動の一環で、いただいたものです。
福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー


平飼いで のびのびと120日育てられた会津地鶏もも肉。
私が買い出しに行っているスーパーには並んでいないので、会津地鶏デビューでしたが、食べて その違いにびっくり!

肉の色が濃くて赤身。
食べたら、肉質がしっかりしていて 絶品でした。


このレシピのカテゴリー
主菜おかず
関連キーワード
鶏もも肉レモン

t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu