これだけ暑いと、あっさりしたものばかり食べたくなりますが、揚げた野菜は別。
油を吸った茄子って、どうして美味しいのでしょう
 
さらに、タルタルソースのっけで、ボリュームUPしました。
さぁ!
おたべ!!
たっぷりと!!!
20160802_05
味玉を作ろうとしたけれど、茹で卵が、つるんとむけなかったので、全部(4個分)タルタルソースにしてもらいました、娘に。
20160802_07
「タルタルソース作っておいて~」とお願いしたら、完成。
マヨネーズ・混ぜてマジック・茹で卵使用です。
 


茄子南蛮withタルタルソース

材料:4人分
調理時間:12分

・茄子 --- 2~3本(300g)
・揚げ油 --- 適量
◆しょう油 --- 大さじ3
◆酢 --- 大さじ3
◆砂糖 --- 大さじ3弱
◆片栗粉 --- 小さじ1弱
・タルタルソース --- 適量
・ピンクペパー、パセリ(みじん切り) --- 適宜
 
1.南蛮ダレを作ります。
◆の調味料を計量カップに入れてしっかり混ぜ、フライパンに入れて中火で2~3分 加熱します。
少しとろみがついてきたら火を止めます。
20160802_04

2.茄子は皮をところどころ縞目にむき、食べやすい大きさに切ります。
(長茄子を使ったので、10cm長さに切り、それを4等分しました。乱切りでも構いません。)
180度にあたためた揚げ油で、2~3分色よく揚げます。
20160802_03

3.(1)のフライパンを再び火にかけて温め、油をきった(2)の茄子を加えて絡めます。
南蛮ダレが絡んだら、皿に盛りつけます。
タルタルソース・ピンクペパー・パセリをかけます。

finger-icon05_r1_c5 タレが絡みやすいように、片栗粉を加えました。軽いとろみがつくようにしています。 

タレの比率は、しょう油・酢・砂糖=1:1:1くらいです。
甘いのが苦手な方は砂糖を減らしたり、辛いのが好きな方は鷹の爪を加えたり、スパイシーに仕上げたい場合はあらびき胡椒を加えたりして調整してください。

タルタルソースは、前もって作っておく。
 
茄子は切ってすぐに揚げる。
(180度に加熱しておく)
 
その隣で、タレも加熱。
(計量カップに入れて、混ぜながら加える)
 
同時進行であっという間に出来ます。
20160802_06
 
いやいやいやいや、油を吸いまくった茄子なんて・・・
もう少しカロリーダウンな調理法で作りたいわー!と言う方には、電子レンジで ゆで茄子にして作るのがおすすめです。
 
ゆで茄子を、電子レンジで綺麗な色に仕上げるコツは、こちらのレシピページの、後半部分に書いてあります。
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
作り置きにもぴったり。茄子の南蛮漬け風のレシピです。
後半部分は、茄子の皮の色と、綺麗に仕上げるコツについて。

o0300010111818443872
大変だけれど、時々したくなります。

これ↓ 我が家の " 所沢 "
はじめしゃちょーが、巨大クマのぬいぐるみを「所沢」って名付けたので、我が家もなぜか、ニックネームが所沢になりました
20160802_00
巨大なクマのぬいぐるみ、そのまま干すのは大変すぎるので、背中をカットして 中の綿を全部出します。
ぬいぐるみを作ると、一番最後に綿を入れて閉じるのは、背中の部分なので 糸をカットすると簡単にOPEN。
(枕サイズの芯が、2つ入ってます)
20160802_01
後は、どんどんどんどん綿を出して、ぺろんぺろんの皮に。
とりあえず、背中と顔の部分の綿を取り出した状態で、ちょっと休憩なう。
20160802_02
全部の綿を出したら、洗濯機で洗える!!!
綿は、新しいのに換える事も可能!!!
 
もはや、干したり洗ったりが大変か楽かじゃなくって、寝袋にならないかなぁと、密かに思案中です。
出来ればかさばらない方法で利用したい!

 
それにしても、クマ、多いわ・・・
(後ろもほぼクマ
1098270_345119328952525_1598181078_n