今回のブログ記事は、レシピではなく 圧力鍋の二段調理について。
IMG_7703
圧力鍋を、三脚+蒸しすで上段と下段に分け、1回の調理で同時に複数の調理をしてしまうと言う、素晴らしい方法なんです。

この記事の目次
  1. 三脚や蒸しすについて
  2. 圧力鍋の二段調理について
  3. 関連レシピ

三脚や蒸しすについて

必要なもの:三脚(写真左)・蒸しす(写真右)
20161024_a01
三脚→蒸しすの下に置いて、上げ底にするものです。
高さも形状も様々なので、お持ちの圧力鍋に合うサイズを探してください。

伸縮蒸し器(万能蒸し器)などでも代用できると思いますが、ある程度の高さが必要になります。


圧力鍋の二段調理について

下の段:切り干し大根の煮物
上の段:じゃがいもと卵を蒸します。
Collage_Fotora01

  1. 切り干し大根の材料を全て入れて(下段)
  2. 三脚を入れ、蒸しすを置き
  3. その上に、じゃがいも・卵をのせる(上段)
あとは、いつも通り、圧力鍋のフタをセットして調理します。

じゃがいもにしっかり火が通るよう8mm幅にカットし、140kPaで1分加圧しました。
使用した鍋
ワンダーシェフ あなたとわたしの圧力魔法鍋です。


結果
・切り干し大根→少し柔らかめ
・じゃがいも→簡単につぶれる感じ
・ゆでたまご→1つは殻にヒビが入り、もう1つは大丈夫
Collage_Fotora02

卵黄の火の通り加減もこの通りです。
Collage_Fotora03
クッキングシートを使っているのは、取り出しやすいようにするため
なので、なくても構いません。
以前は、万が一卵が割れた場合、下段の煮物に混ざるのが嫌だなぁって思っていたのですが、経験から そうなった事はありません。

調理している間に、ポテトサラダの具材を準備しておきました。
茹でて作るよりも、蒸して作るポテトサラダの方が、素材の味が濃くて好きです。それに、圧力をかけて蒸すと、短時間でしっかり火が通って柔らかくなるのが楽ちんです。
Collage_Fotora04
少量の卵黄だけスプーンで崩してトッピングに使うと、彩りが鮮やかになります。
IMG_7701

二段調理は、下は煮物やスープ、上は蒸し料理でお試しくださいね。

もちろんですが、上段からの水分や、スパイスなどの香りなどに気をつけつつ、素材を組み合わせてみてください。


関連レシピ

切り干し大根のレシピは、昨日UPしたもので、鶏皮入りのものです。

ブログ内の二段調理 記事一覧はこちらからご覧いただけます。


t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu