高タンパク低カロリーなラム肉。
スーパーにいつもあるわけではないので・・・見つけたら、ほぼ毎回買っています。

今回は、少し厚みのあるものだったので、一晩 ガーリックソルトで下味をしっかりつけておいて、圧力鍋でスープ仕立てにしました。
中までしっかり塩の味が行き渡るのと、ガーリックソルトのおかげでラム肉特有の臭みが 少し抜けるような気がします。 ラム肉の野菜煮
スープ仕立てと言っても、加えたのはフレッシュなトマト+玉ねぎのみ。野菜から出たスープの甘みと、ガーリックソルト漬けのラム肉だけで、ご馳走に感じます!


この記事の目次
  1. 材料・分量
  2. くわしい作り方
  3. 関連レシピ


ラム肉の野菜煮

材料・分量
2〜3人分 70kPa電気圧力鍋使用

ラム肩ロース(厚切り)350g

ガーリックソルト小さじ2

トマト1玉

玉ねぎ1玉

白ワイン大さじ1

パセリ、ブラックペパー適宜

代用食材
ガーリックソルト→塩大さじ1/2+ニンニク少々
白ワイン→酒、もしくは梅酒


くわしい作り方

  1. ラム肉に下味をつけます。
    ラム肉にガーリックソルトをまぶし、一晩冷蔵庫で寝かせます。
    余分な水分が出てきたらキッチンペーパーで拭き取ってください。
    Collage_Fotor01

  2. 材料を電気圧力鍋に入れます。
    トマトは1〜2cmの角切りに、玉ねぎは大きめのくし切りにします。
    電気圧力鍋にトマト→白ワイン→ラム肉→玉ねぎの順番に入れます(混ぜません)
    Collage_Fotor02

  3. フタをセットし調理スタートします。
    電気圧力鍋のフタをセットし、15分加圧します。
    圧力が抜けてから蓋を開け 混ぜ、器によそいパセリ、ブラックペパーを振ります。
    Collage_Fotor

70kPa(普通圧)15分加圧しております。
お持ちの圧力鍋の作動圧力(kPa)が同じ場合は、同じ時間(15分)加圧してください。
違う場合は時間の調整が必要です。
→70よりも数値が上になると、加圧時間を減らしてください。
例)140kPa(超高圧)の場合は5分くらいです。

使用している電気圧力鍋:
ワンダーシェフ [e-wonder]家庭用マイコン電気圧力鍋

様々なメーカーから電気圧力鍋が出ているのですが…
私が使っている e-wonder は、3.0L。
家族4人分作るなら3.0Lくらいの容量がおすすめです。容量が多いと、同時に3種類のおかずを作ったりも可能なんです。

他にも、ご飯をたくのにタイマーがあったり、スロークッカーの温度が90℃だったり(メーカーごとに温度が違います。)多機能で使いやすいです。


今回のレシピ。
スイッチON(15分の加圧)で、ラム肉がホロリと崩れる柔らかさに。

水は加えていませんが、カットしたトマトや、玉ねぎからしっかり水分やうま味が出ていて、こんなにシンプルなレシピなのに、驚くほど美味しいんですよ。
IMG_7648
簡単なのに美味しいなんて。素晴らしすぎるでしょ…


関連レシピ

今回使用した e-wonder 電気圧力鍋の機能を駆使したレシピたちをリンクしておきますね。

スロークッカー+保温
90℃までお湯の温度を上げて、65〜70℃KEEPで低温調理したレシピです。


追加熱+白米キー
追加熱機能で材料を炒めてから、炊飯して作るピラフレシピ。


タイマーで炊飯
タイマー機能を使った紹介記事です。


スロークッカー機能
寝る前にスロークッカーに材料を入れてスイッチON。朝起きたらおかずが完成していて、それをお弁当に活用しました。

もちろん、普通に圧力調理もできるんですよ。
70kPaなので、「普通圧」になります。
ブログ内の電気圧力鍋カテゴリはこちらです(電気圧力鍋3種類です)
カテゴリ圧力鍋電気圧力鍋


t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu