一年に、そう何回も、かんぴょうとか乾椎茸とかって 炊かないとは思いますし、(←恵方巻きとか、太巻きに入ってるあれ) 事前にUPするならまだしも、節分が終わってからUPするなんて、需要がないとは思うのですが、なんせ電気圧力鍋でこんなにも簡単に作れたので・・・

次作る時用の覚書です。
かんぴょうと乾椎茸の甘辛煮
冷凍保存可能です。
特に、乾椎茸は、冷麺の具にもおすすめ。


目次
    レシピ【かんぴょうと乾椎茸の甘辛煮】
  1. 材料・分量
  2. 詳しい作り方
  3. ポイント・コツ
  4. 節分のご飯日記

材料/分量:作りやすい分量
調理時間の目安:電気圧力鍋10分加圧

・乾椎茸 10個ほど
・かんぴょう 1袋
【A】水 100ml
【A】乾椎茸の戻し汁 50ml
【A】酒、みりん 各大さじ2
【A】薄口醤油 大さじ2
【A】砂糖 大さじ1
【A】味の素 4ふり


詳しい作り方

  1. 乾椎茸は水と一緒に保存袋に入れ 空気を抜き、冷蔵庫で ひと晩置いて戻す。
    かんぴょうは塩(分量外)をもみながら、流水できれいに洗う。
    IMG_5570

  2. 電気圧力鍋の内釜に、乾椎茸とかんぴょうを入れ【A】を注ぐ。落としふたをする。
    IMG_5585

  3. 内釜を電気圧力鍋にセットし、ふたをして【お好み】キー10分加圧する。
    IMG_5587


ポイント・コツ

電気圧力鍋
使用した電気圧力鍋→ワンダーシェフ楽ポン OEDD40
作動圧力80キロパスカルです。

他の圧力鍋で作る場合、作動圧力がもっと高い場合は、加圧時間を減らしてください。
圧力が抜けるまではそのまま放置し、ふたが開けられるようになったら、煮汁ごと保管すると良いでしょう。

乾椎茸の戻し時間
・どんこ(肉厚):冷蔵庫で10時間ほど
・香信(薄いもの):冷蔵庫で5時間ほど
低温でじっくり戻す方が、うま味が出ます。

かんぴょうを塩もみしながら洗うことで、独特の干したニオイが減ります。
味の素を加えるのは、乾椎茸と違ううま味を含むため。
うま味の相乗効果により、より味わい深くなります。

戻したり洗ったりするくらいで、あとはスイッチ1つでできるのは楽ちんですね。
IMG_5588


節分のご飯日記

IMG_5594
こちらは、息子のプレート。
私、昨日は 朝7時台から、庭掃除してスナップエンドウを植えまして。
その他楊枝やレシピを撮影しつつ、眠くなるおやつどきにウォーキングして、1万歩達成しました。
Collage_Fotor00
1万歩くと、足がだるいのですが、これを毎日続けたら脚力付くのかしら・・・

t00340034_0034003412818446573

作れぽ・何かで名前を呼びたい時・見て欲しい時はぜひ遠慮なくタグ付けしてください。大歓迎です♡

ぽかぽかびよりをフォローする hspace=
ぽかぽかびよりインスタグラム