昨日のお昼ご飯、 ねぎ焼き にしました。

冷蔵庫に残っているお好み焼き用の粉を使用して、ねぎたっぷりを焼いています。お好み焼き用の粉に山芋粉が入っているので、薄力粉で作るよりもまとまりやすくなりますし、だし粉が入っているので生地自体の味もおいしいですよ。

サラサラの生地で作り、焼いている途中でも上から生地をかけてから返すのが王道なのですが… 材料全部を混ぜて焼く簡単バージョンのレシピにしました。

ツナをプラスしてタンパク質UP!
ねぎもツナも安いので、食費節約になるかな。

一緒に合わせたのは、わかめ入りの菜飯のオイルおにぎりと、豆腐入りの肉吸いスープ。献立も後半に紹介します。

お好み焼きミックスで作るねぎ焼きレシピ
この記事の目次
  1. ねぎ焼き 材料と分量
  2. 詳しい作り方
  3. 補足(コツ&ポイント)
  4. この時の献立紹介


材料と分量

2〜3人分  調理時間:15分

  • 【A】お好み焼きミックス粉 大さじ3
  • 【A】水 大さじ4
  • 卵 2個
  • 万能ねぎ 1束
  • ツナ缶 1缶
  • 天かす 大さじ2
  • 米油 少量

詳しい作り方

  1. 大きめのボウルに【A】を入れてしっかり混ぜてから、と混ぜる。
  2. Collage_Fotor02
  3. 万能ねぎを小口切りにする。ねぎ・ツナ・天かすを①に加えて混ぜる。
  4. Collage_Fotor03
  5. フライパンに米油を入れて弱めの中火にかけ②を入れて広げる。焼き色がついたら裏返し、同じように色づくまで焼く。
  6. Collage_Fotor04

補足(コツ&ポイント)

お好み焼き粉がない場合
小麦粉大さじ2・片栗粉2・だしの素少々・水大さじ3で作っても構いません。

ソース
食べるときにお好みで
・お好み焼きソース+削りぶし
・スイートチリソース+マヨネーズ
・ポン酢+醤油+ごま油
などをかけてお召し上がりください。

国産のボーソー米油
IMG_5007
愛用しているボーソー米油、180gミニサイズが今月から発売になっています。
もともと米油は、他の種類の油と比べて、酸化しにくいのですが、この容器。油の鮮度を保持する容器だから、最後の1滴まで米油のおいしさが楽しめます

ねぎ焼きを焼いていて、もう少しだけカリッと仕上げたいな〜と言うときは、ふちの方からひと回しプラスしてください。このボトル、分量も調節しやすくて、使いやすいです!
カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ

このレシピのカテゴリー
主菜おかず
キーワード
ねぎフライパン

この時の献立紹介

ねぎ焼き、粉もんとは言え、炭水化物の割合も低いので、おにぎりをプラスしました。

  • ねぎ焼き
  • わかめ入りの菜飯オイルおにぎり
  • 豆腐入りの肉吸い
ねぎ焼きの献立紹介

わかめ入りの菜飯オイルおにぎりは、かぶの葉(内側の柔らかいものだけ)を液体塩こうじに浸けたもので作りました。あと、しそわかめも足しています。
Collage_Fotor01
白すりごまと、極少量のごま油もプラス。

肉吸いは、カツオだしに、薄口醤油・みりん・塩を加えて味を整えたスープです。具は牛肉。
水菜が一般的ですが、庭の春菊を加えました。あと豆腐でカサ増ししています。同じレシピはないのですが、材料の参考までに近しいレシピをリンクしておきます。