電気圧力鍋で豚肉に火を通して、おろしポン酢で食べました〜と言う記事です。

使ったのは、電気圧力鍋の「温度調理」機能。
スイッチを押すだけなので、楽チンです。
電気圧力鍋の温度調理で簡単に茹で豚を作る方法

使った電気圧力鍋
ワンダーシェフ電気圧力鍋楽ポンnooge4.0L

温度と時間の参考にしたサイト
低温調理加熱時間基準表

豚肩ロース、かたまり肉を680gほど使用、厚みは3cmです。豚肉・ジビエの過熱時間基準表によると、30mmのものは65℃なら1時間50分と書かれていたので、2時間設定にしてみました。

ちなみに、よく「炊飯器の保温でも作れますか?」と聞かれますが、メーカーによって保温温度の設定が違います。

最近の保温温度、低めの設定のものも多いそうですし、お使いになられている炊飯器の保温温度を調べてみてください(温度計で測るのが一番です)


IG_6958
最初に、塩とブラックペパーをしっかり揉み込んで15分置き、出てきた水分をペーパーで拭き取りました。鍋に入りやすいように、豚肉は半分にカット。使用した塩は、合計大さじ1/2です。

IG_6959
あとは電気圧力鍋に入れて、65℃2時間設定にし、スタートするのみ。
調理終了のブザーがなったら取り出して切り分けるだけで、本当に楽チンです。
IG_6968
大根おろしと薬味たっぷり。
辛みそも一緒に食べました〜〜
これだけで絶品です。

たっぷりのお湯で茹でるわけではないのですが、買った豚肉が新鮮なものだったからか、臭みも全く気にならなかったですし、しっとり柔らかく、「肉の味」が楽しめたから、今度からもこの方法で作ろう〜♪ って思いました。

IMG_6965
昨日のお昼ご飯でした😀


#ワンダーシェフ公認アンバサダー
#電気圧力鍋nooge
#PR


t00340034_0034003412818446573

作れぽ・何かで名前を呼びたい時・見て欲しい時はぜひ遠慮なくタグ付けしてください。大歓迎です♡

ぽかぽかびよりをフォローする hspace=
ぽかぽかびよりインスタグラム