お洒落なコンパクトホットプレートでおなじみのBRUNOから、2020年9月に、 水耕栽培キット STAND BY GREEN が発売になったんです。

水耕栽培キット STAND BY GREEN

太陽光のサイクルに合わせて自動ON/OFFするLEDライト付き。
プランターを外せば読書ライトとしても使用可能。


ホームページの写真も、もう可愛いすぎて!
万人を惹きつけますよね、このデザイン
プレスリリースの地点で要チェック。発売と同時に飛びつきました。
10月にコラムの依頼を受け、そのコラムが先日公開になりました。

BRUNOファンサイト
【はじめよう、家庭菜園】寒い季節はお家でたのしむ♪

BRUNO水耕栽培キット STAND BY GREEN


この記事の目次
  1. BRUNO水耕栽培キット STAND BY GREENについて
  2. セットの仕方
  3. 育つ様子&現在の様子

BRUNO水耕栽培キット STAND BY GREENについて

BRUNO水耕栽培セットSTAND BY GREENのパッケージ
サイズは、110mm×H390mm×D170mm
コードは、約1.5m
重量600g(←水を入れる前)

12時間自動点灯消灯機能がついた水耕栽培用のLEDライトは、消費電力5wなので、電気代1.62円(12時間/日)くらい。
BRUNO水耕栽培キットSTANDBYGREENの中身
専用ACアダプター、栽培バスケット×4個、培地フォーム×4個、ラベル×4枚、微粉ハイポネックス5g(お試し肥料)が入っています。


セットの仕方

Collage_Fotore01
栽培ポットの最大水位線まで水を入れます。
培地フォームは、しっかり水につけて馴染ませます。
Collage_Fotore02
あとは、培地バスケットのセットして、種まきをします。

種は、発芽するのに光が必要なものと、そうでないものがあるので、種ごとに、培地の上に置くか、埋めるかすると良いでしょう。
いくつか撒いて、発芽したあとに 育成の十分な芽を1、2本残して間引きます。
Collage_Fotor


育つ様子&現在の様子

私は一番最初、キッチンでLEDライトをつけて育てていました。
水の管理がしやすいですし。
20201003_green13
ただ、発芽したての双葉が、ヒョロヒョロに徒長しがちでうまくいかず。
ヒョロヒョロのまま育てても、その後うまくいきません。
LEDライト 忘れずに12時間も当てているから 、場所を選ばずに育つはずなのですが、なぜかわからず。

植物や種の種類、温度や、水と肥料などの影響もあるかもしれませんが、まだ使い始めたところ。

まどろっこしいので、窓の近くの明るい場所に移動させて育てると、この通り 良い感じに。発芽したての頃の光の量が重要なのかしら?
BRUNO水耕栽培キット STAND BY GREENの発芽したての頃
培地左:ベビーリーフミックス 培地右:ブッシュバジル

ちょうどこの頃の写真が、10月中旬。
豆苗のリボベジをしていたり。
外気温が15℃を下回る頃だったので、プルメリア・シンガポールホワイトを室内に入れたりしていました。
BRUNO水耕栽培キットSTANDBYGREENとインドアガーデンコーナー

11月8日、その後はこのように育っております。
BRUNO水耕栽培キット STAND BY GREENのその後の様子
ただ、ドアップにはできません。
培地にカビが生え、その後 カビを培養しているレベルです(ナウシカか…)
この、その後の写真をUPしたくて育て続けていたので、そろそろ次なる植物に変えたいと思います。

カビについては、担当の方から このように伺いました。

・培地の濡れた部分は、環境によってはカビや苔がつく
→培地表面の水分量が多い場合につきやすい
→培地の半分くらいが水に浸かる程度が望ましい

・白カビは元々空気中に胞子が存在している
→気になるようなら、ティッシュなどで拭き取っても良い

育てるならば、次からはハーブ類にするか、観賞用の植物にします。
培地は、お茶パック+パーライト/バーミキュライト(どちらも100円SHOPで小袋売ってたりします)や、ソフトスポンジでもOKです。

ベビーリーフミックスに関しては、お腹いっぱいの分量を収穫したいので、素直に外で土を使って育てます。
ベビーリーフミックスの鉢植え

t00340034_0034003412818446573

各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu