味の素×Nadiaコラボレーション特別企画 \うま味で/ごはん革命の企画ページが7月に公開になり、2020年はUMAMI STARとして活動しております。

うま味調味料、味の素®︎は常日頃から、料理に使っているので ブログにも頻繁に登場しておりますが、うま味調味料についても ここらで軽くまとめておきます。
以下の3本仕立て。

  1. うま味調味料の活用術
     実際に私のレシピを振り分け
  2. あらためて「うま味」について
  3. うま味調味料について
     スーパーでどんなうま味調味料が買えるか
Collage_Fotorq01

今回のブログ記事は、1のうま味調味料の活用術について。

おいしいだけじゃなく、どんな効果があるのかは、こちらがわかりやすいので画像お借りします。(日本うま味調味料協会の「なるほど!うま味調味料」と言うパンフレットから)
IMG_2726
私のレシピで、うま味調味料を使っている全てを振り分けられてはいないのですが、最近のレシピで好評だったものを振り分けておきます。
レシピの工程や、ポイント欄に、どう言う効果があるかなど書いているので、気になるレシピがあればご覧ください。

sozai線

下ゆでなど料理の下ごしらえに!
野菜に活用すると、野菜の苦味・えぐ味を緩和します。また野菜の甘味・風味を引き立てます。




魚や肉の下味に!冷凍しておいた魚の解凍時にも!
肉や魚の「うま味」を強めます(肉に含まれるうま味イノシン酸と、うま味調味料のグルタミン酸との相乗効果で)
生臭い風味を緩和したり、しっとりした食感になり、パサつきを抑えます。




パスタをゆでるときに!炊き込みごはんに!
ちょっとUPしたレシピがなかったのですが、パスタや炊き込みご飯の塩分が気になる時におすすめ。
お米やパスタの風味がUPします。

酢の物、マリネ、自家製ドレッシングなどに!
酢味がマイルドになります。



だしの補いに!
うま味調味料のグルタミン酸は昆布に含まれるうま味と同じ。うま味調味料は、においや香り、色もつかず、うま味だけをUPさせることができます。





レシピには書いていませんが、お味噌汁に1、2振り入れてよく使っています。

料理の仕上げに!
何かひと味足りない時に〜

お弁当記事では、さつまいものソテーに塩と味の素を振って使っています。

我が家では、お浸しに振りかけたり、食卓でそれぞれが振りかけることが多いです。

こんな感じで、いろいろな料理に使っています。
振りかける分量ですが、お好みで構わないんですよ。
チャーハンを作る時は、アジパンダ (←赤いパンダ🐼ちゃんの75g瓶)を結構振りますが(2人分だったら10ふりほど)、それ以外は、1人分だと1〜2ふりで違いが分かると思います。(余談ですが、15ふりが小さじ1/2くらいになります。)

おうちにうま味調味料がある方は、色々活用してみてください。
ちなみに、私はスーパーで50gの小袋ではなく、業務スーパーで700gのものを買っています(すぐ無くなるし、常に割安なので。味の素は賞味期限もなく、サラサラが長続きするので大丈夫)
Collage_Fotor01
実家や姉の家では、1kgの缶があります。

味の素株式会社主催「食と健康の未来フォーラム」
テーマ:食品添加物のこと、考えてみませんか?
〜私たちはどうして「無添加」が気になるのだろう〜

2020年8月31日(月)19:00〜
LIVE STREAM オンライン開催
どなたでも無料でご視聴いただけます↓
(事前申し込みが必要です)