久しぶりに、牛すじ肉を買って、すじこん(すじ肉とこんにゃくの煮物)を作りました。
スジコンのレシピ
メインの調味料は、醤油+みりんと言うシンプルなものなのですが、「いの一番®︎」と言ううま味調味料を使っているので、味わい深い仕上がりになりました。

「いの一番®︎」が、他のうま味調味料とどう違うのかは、レシピの最後に記載しております。

あと、牛すじ肉だけじゃなく、砂肝を加えて食感にアクセントをプラスしたり、大根・にんじん・長ねぎをたっぷり加えているので、お野菜の甘みもたっぷりでおすすめのレシピです。


この記事の目次
  1. 材料・分量
  2. くわしい作り方
  3. 関連リンク

野菜もたっぷり入っている【スジコン】レシピ

材料・分量
4人分 70kpa電気圧力鍋15分加圧

牛すじ肉200g

砂肝200g

こんにゃく1〜2丁

長ねぎ1本

大根3〜4cm

にんじん1本

生姜(千切り)1/2片

【A】醤油大さじ3

【A】みりん大さじ3

うま味調味料「いの一番®︎」 小さじ1/3

・砂肝
下ごしらえしたものを使用。
もしくは自分で筋をとります
(下茹での必要はありません)


くわしい作り方

  1. こんにゃくを下茹でする
    こんにゃくはスプーンで一口サイズにちぎり、5分ほど下茹でします。
    (下茹で不要のものは、そのままお使いください)
    Collage_Fotorq01
  2. 牛すじ肉を下茹でし、野菜類を切る
    牛すじ肉は食べやすい大きさに切り、塩・酒(分量外、各少々)を加えた熱湯で下茹でします。アクをとり、湯が透明になるまで、2〜3回茹でると臭みも抜けます。
    長ねぎは輪切り、大根にんじんは1cm弱の厚みに切ります。
    Collage_Fotorq02
  3. 電気圧力鍋に材料を入れる
    電気圧力鍋の内釜に、牛すじ肉・砂肝・こんにゃく・【A】・うま味調味料「いの一番®︎」を入れます。続いて、長ねぎ・大根・にんじん・生姜を入れます。
    Collage_Fotorq03
  4. 蓋をセットして調理スタートする
    全体をさっと混ぜて、蓋をセットします。
    お好みキー15分に設定し調理スタートします。
    Collage_Fotorq04

使用した電気圧力鍋
ワンダーシェフ社 家庭用マイコン電気圧力鍋楽ポン


70キロパスカルの電気圧力鍋の場合は、同じ加圧時間(15分)で構いません。
(60キロパスカルの場合も、大体同じ時間で良いでしょう)

電気圧力鍋は排出する蒸気が少ないですし、食材からでる水分量のことを考えて、調味料は少なめに設定しておりますが、ガスコンロやIHで圧力鍋を使う場合は水を少量加えて作ってください。

普通の鍋で作る場合も水を少量加えて作り、牛すじ肉がお好みの固さになるまで煮込んでください。

うま味調味料「いの一番®︎」
いの一番®︎は、グルタミン酸ナトリウム(昆布に多く含まれるうま味成分)が92%含まれていて、残りの8%はリボヌクレオチドナトリウムが8%の割合になり、核酸を多く含むうま味調味料になります。

(味の素®︎は、グルタミン酸ナトリウムが97.5%でアミノ酸系うま味調味料です)

香りや色をつけることなく、うま味だけをプラスすることができるのが特徴です。

いつもの調味料の味付けより、少し控えめにして、うま味調味料を加えてみてください。
食材や調味料のおいしさを引き出し、味わいのバランスがUPしますよ。
IMG_8970
お好みで七味をかけても美味しいですよ〜。

出来上がったら味をみて、味を濃くしたい場合は、塩を加えて追加熱するか、味噌を大さじ1〜2ほど加えるのもおすすめです。
お好みで調整してくださいね。


関連リンク

「三菱商事ライフサイエンス×レシピブログ」のモニターコラボ 広告企画に参加中
うま味調味料「いの一番®︎」はモニタープレゼントで頂きました。
いの一番でラクラク時短レシピ
いの一番でラクラク時短レシピ


このレシピのカテゴリー
副菜おかず
関連キーワード
砂肝70kpa

t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。
読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu