キャラメルポップコーンが好きなんですが・・・そんな感じで、くるみで作ってみました。
 
くるみは、栄養がたくさん! ナッツ類の中でも、抗酸化値が最も高く、しかもビタミンE・B6・葉酸・マグネシウム・亜鉛などのビタミン&ミネラルはもちろん、食物繊維、メラトニンなど健康維持に必要な成分もたくさん含まれています。
 
キャラメルのコーティングに使うのは、マシュマロバターだけ。
これ、手で触ってもくっつかない!しかも翌日もベタベタしないんです。
20151020_01
止まらないおいしさ!
 - - - - - - - -
Contents
  1. 作り方&工程写真
  2. レシピ【マシュマロ×バターで作る!キャラメルくるみ】
 - - - - - - - -



作り方&工程写真

フライパンにバターマシュマロを入れて、弱めの中火にかけ、マシュマロをつぶすように溶かします。

20151020_0220151020_03

焦げないように混ぜます。
1~2分で、すぐに溶けてくるので、強火にしないでくださいね。

20151020_0420151020_05]
ほんのりと、色づいてきたら火を止めて、くるみを入れて絡めます。
※ポップコーンでも構いません
そのあとは、オーブンシートの上に広げて冷まします。
20151020_06]20151020_07

こんな感じで、折り紙の入れ物に入れてもOK。
(100均の折り紙です)
20151020_08

ざらめと水で、キャラメルを作ったら・・・温度変化で、ちょっとべたつくけれど、マシュマロを使ったキャラメルはベタベタしません。
 
翌日になっても、翌々日になっても、ベタベタしないんですよ~~~



レシピ・キャラメルくるみ

材料:作りやすい分量 2~4人分 調理時間:10分

・くるみ --- 150g
・バター --- 20g
・マシュマロ --- 40g
 + + + + +
① フライパンにバターとマシュマロを入れて、弱めの中火にかけます。
木しゃもじで、マシュマロをつぶすようにします。

② マシュマロが溶けてきたら、焦げないように、手早く混ぜます。
黄金色になったら火を止めてくるみを加え、フライパンをあおりながらキャラメルを絡めます。

③ オーブンシート(クッキングシート)の上に広げて冷まします。
*
キャラメルがところどころつくくらいの分量です。
キャラメルを、もっとたっぷりコーティングしたい場合は、バター&マシュマロの分量を増やすか、くるみを減らしてください。


レシピ、こちらでもピックアップしていただいてます↓
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg

バーベキュースイーツとして欠かせない存在の焼きマシュマロ。焼くだけにとどまらず、さまざまなおいしい食べ方があるんです!

o0078008712818446570
春休みのおやつ作りにもぴったり~~~!と思い、過去記事で紹介させていただきましたが、再度UPしました。

春休み。
宿題出ないわ~~と思っていたら、普通に宿題が出ました・・・中学校。
さくさく終わらしておくれ(-∀-。)


全然関係ない話ですが、そういえば、この前、飛行機に乗った時の搭乗券を見てひとこと

「やったー!!!2階席の窓側!!!」
996675_804235286374258_6962025048269251214_n
いやいやいや・・・
国内線の小さな飛行機。
2階はないねん、ごめんよ(つд`。)
 
ちなみに、帰りの飛行機はプロペラ機でした
12932841_805939942870459_6944437576614708089_n


 b_simple_127_0M
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line