兵庫県の阪神淡路地域の郷土料理。
いかなごのくぎ煮。

2016年(平成28年)のイカナゴ新仔漁の解禁日は、3月7日(月)
20151230_00
右と左に分かれているのは、ざらめの分量が違います。
1年前に作った時、ちょっと 食べ比べ。
 
2年前に作った時は、醤油の銘柄を変えて食べ比べています。
家族が、どっちの味が美味しいって言うかなぁ~と思って、毎年毎年いろいろ研究中。
 
 
Contents

  1. いかなごのくぎ煮とは
  2. 2016年度の解禁日
  3. 鮮度が命!&去年の値段
  4. レシピ&詳しい作り方


いかなごのくぎ煮とは

生の新子を しょう油・ざらめ・生姜 などで煮詰めた佃煮で、出来上がりが折れた釘のように見えるために、「くぎ煮」と呼ばれるそうです。
兵庫県の、阪神・淡路地域を中心に 作られている郷土料理で、旬は、2月末~3月上旬
 
しらすに似ているお魚なんですけど、どんどん成長していくと、20cmくらいの成魚になります。
西日本では、新子(しんこ)と呼びますが、東日本では、小女子(こうなご)と呼ばれます。
 
大きくなった いかなごは、北海道では、大女子(おおなご)、東北地方では女郎人(めろうど)、西日本では、加末須古(カマスゴ)などなどの呼び方があります。
身が柔らかくて 佃煮にぴったりの大きさ、3~5cmくらいの時に漁をして、出回ります。
  
いかなごは、鮮度を保つのが難しいので、その日の早朝に水揚げしたものが、午前中に魚屋さんやスーパーに陳列されます。
解禁になる時期になると、スーパーに 「いかなごコーナー」が 出来ます。
(「のぼり」と、しょう油・ザラメ・水あめ いかなご用の保存容器などなど) 
 

2016年度の解禁日

水産技術センターが漁況予報などを基に 毎年解禁日を設定します。

2016年の解禁日は、3月7日。 
解禁日の本日、早速作りました。
しっかり育っている大きさでしたよ!お早めに!!

 
2015年の解禁日は、2月26日。
2014年の解禁日は、2月28日でした。



鮮度が命! &値段

o0400026713234434735
1kgのパックで売っています。
2時間くらいしかもたないので、新鮮なうちに 煮ます。

ちなみに、悪天候の日日曜日は漁に出ない! ので、売り場に並びません。
 
スーパーや百貨店によって、お値段は前後するかもしれませんが、
2016年 1kg2580円でした。
2015年 1781円
2014年 980円
 
今日 2016年3月7日に、早速3kg作りました。
去年の出始めと同じくらい。しっかり成長している大きさでした。
週末の寒の戻りまでは暖かい日が続く予報だったので、なるべく早めに作ったほうが良いかと思います。
まわりはカリッ中はモッチモチ【ポテトボール】レシピと、2016年いかなごのくぎ煮第一弾!作りました。


いかなごのくぎ煮

材料:作りやすい分量
・生いかなご --- 1kg
◆生姜(千切り) --- 大1片(50g)
◆しょう油 --- 200g
◆みりん --- 100ml
◆酒 --- 50ml
◆ざらめ --- 180g
・水あめ --- 大さじ1

1.生いかなごをザルに入れて流水で優しく洗い、しっかり水気をきります。
20151230_01

2.◆の材料を鍋(深型のフライパンが作りやすいです)に入れて強火にかけます。ざらめが溶けた所で、強めの中火にし、いかなごを数回にわけて加えます。
全部同時に加えると煮汁の温度が下がって身崩れしやすくなるので、注意してください。
20151230_02
あくを丁寧にとったら、落とし蓋をして20~30分煮ます。
落とし蓋はアルミホイルで作り、ところどころに菜箸で穴をあけておくと良いです。

3.落とし蓋を取り、水あめを加えたら、鍋をあおって上下を返し、焦げないように気を付けながら煮汁がなくなるまで煮詰めます。
身崩れしやすいので、菜箸は使わないようにしてください。
20151230_03
 
4.バットに薄く伸ばし、風で余分な水分を飛ばして冷まします。
(工程写真は、↑上の所。サーキュレーターで 冷ましていますw)

finger-icon05_r1_c5冷蔵庫で1週間ほど常備出来ますが、食べない分は このままの状態で冷凍保存もできます。
食べる時は、そのまま冷蔵庫に入れておけば、自然解凍できます。

水あめは、なくても作れるのですが、艶やかになるので おすすめ。入れすぎると いかなご同士がくっついてしまうので お気を付けて!

20151230_05
ちなみに、この銀色の袋は、<キチントさん>フリーザバックおいしさキープ。
アルミシートなので、酸化・乾燥による冷凍焼け、におい移りを防ぐ素材で、優れものです。

- - - - - - -
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line