オーブン料理の定番!ぎゅうぎゅう焼きレシピと動画

野菜や、魚介・肉類などの具材を、角皿に並べて焼く ぎゅうぎゅう焼き
家族が揃う日、ゆっくりしたい休みの日にぴったりです。

2023年の秋から使っている、ヘルシオウォーターオーブンで焼きました。
レシピのポイントを紹介しますね。

目次

【ぎゅうぎゅう焼き】レシピの魅力

オーブンの角皿に具材を隙間なく並べて焼くだけの簡単なお料理です。
材料を切るだけ。

野菜や肉などを並べるだけ。
味付けは、オリーブオイルなどシンプルなものでOK!
簡単なのに、見た目が華やかなので、SNSでもよく見かけますし、いつものご飯に取り入れている方も多いのではないでしょうか。

ヘルシオで作ると、ここが違う!

ヘルシオの熱源は「水のチカラ」
水蒸気は、蒸したりおいしく温めたりできますが、100℃を超えた水蒸気=過熱水蒸気なら、焼き色をつけたり揚げたり炙り焼き出来たりするんです。

この過熱水蒸気。
2つの特性があります。

  • 高い熱量
  • 食品に触れると水に変化

高温の過熱水蒸気で、表面の水分を蒸発させパリッと仕上げてくれますし。
食材内部には適度なうるおいが残りますし。
表面から〜内側から〜と、はやく熱を通してくれるんです。

もちろん冷凍食材でもOK!
おまけに脱油。減塩など、変更調理ができます。

肉や野菜をおいしく仕上げる方法

  • 野菜は、大きめのひと口大に切る。
  • 肉やベーコンなどは、ひと口大に切る。
  • 肉は、下味をしっかりつけておく。
  • (ブロッコリーやアスパラガスなどの緑色の野菜や、小さくカットしたキノコ類は、アルミホイルに包むのがおすすめです)

角皿にアルミホイルやオーブンシートを敷いておくと後片付けが楽になります。

ヘルシオをお使いの場合は、食材の総重量は1.5kgまで。
スキレットや芋のホーロー鍋などオーブン加熱可の容器も使用できますが、食材重量と合わせて4kg以内になるようにしてください。

【ぎゅうぎゅう焼き】のおすすめ具材

今回私が使用したのは

  • 豚肩ロースかたまり肉
    (藻塩をもみこみ1日冷蔵庫で寝かせたもの)
  • コーン
    (すでに加熱されたもの)
  • なす
    (皮は縞目にむき水に10分さらしてあく抜き)
  • ペコロス
    (玉ねぎでもOK)
  • 新じゃがいも
  • ミニトマト

なすとペコロスは、オリーブ油+藻塩でシンプルな味付け。
新じゃがいもは、トマトソース(パスタ用)で味付け。

具材はどれも1cmくらいの厚みにカットして、バランスよく角皿に並べます。
緑色の野菜は加えずに、パセリを散らしました。

レシピ動画



ブログ内
ヘルシオを使ったレシピ一覧はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次